Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2012-12-30

映画『レ・ミゼラブル』と縦の移動、神の国、地の国、冥界

| 17:39 | 映画『レ・ミゼラブル』と縦の移動、神の国、地の国、冥界 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - 映画『レ・ミゼラブル』と縦の移動、神の国、地の国、冥界 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

映画『レ・ミゼラブル』の視覚的な仕掛けとして、高低差のある場所に双方の人間を立たせ、階段を行き来させることで、階級差や社会的立場とその変遷を表象している。

加えて、そこには

  • 階段の上や塔の上が神の国に近く、下が地の国。「落ちていく」実感。地の底は冥界(ファンテーヌが娼婦をしていた港の廃船、ジャン・バルジャンの下水道)。
  • しかし地の国や冥界にいて「愛」のための行動をとることこそ「神の国」への道だったり?上下運動よりも平行移動?
  • 上に行く、いるほど神に近く、正義に則っている、と考え、それを表現してみせているのがジャベール。冒頭、ドックの上から見下ろす。中盤、塔の上から歌うStars。「地の国」に下りた時、いつもアイデンティティが砕ける体験をする。

追記(2013年1月1日)

映画冒頭からの「縦の移動」による暗示

映画冒頭のこのドックのシーンの最後で、仮出所になったジャン・バルジャンが階段をのぼってドックやドックの底に立っているジャベールをちらりと振り返る。

ここでジャベールの目が動いてわかりやすく示すように二人の視線が交錯しているだけではなくて、

  • 既にこの時点でジャベールは冥界の人であり、
  • ジャン・バルジャンは冥界(地獄?)から抜け出して地の国そして神の国に行く定めの人だった。

という視覚的暗示が与えられている、と捉えるとすっきりするように思った。

このシーンの直後そのままジャン・バルジャンは山に登り山頂に立つ十字架を見、山を下り迫害されて、ミリエル司教のいる教会へ。

ただ、冥界を抜け出す時に振り返ってはならず、振り返ると塩の柱になるとかいうのに当てはめるとちょっと変な気もしてあまり確信は持てない。

移動して視界から消えるジャン・バルジャン

ともあれ、ジャン・バルジャンが何か決定的な行いをしジャベールがそれを目撃して衝撃を受けるところでは概ね、二人の位置関係が入れ替わっていたように思った。だいたいが

  • ジャベールが下の位置に立ち尽くし、
  • ジャン・バルジャンが行いをして下から上へ高い位置に(階段をのぼるなど)、または横?に移動して、ジャベールや観客の視界から消えていく。劇的な音楽とともに。

関連エントリー

2012-12-29

映画『レ・ミゼラブル』は傑作だ。

| 18:18 | 映画『レ・ミゼラブル』は傑作だ。 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - 映画『レ・ミゼラブル』は傑作だ。 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

目次

映画『レ・ミゼラブル』に関する自分のTwitter投稿ほかをまとめました。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』自体もロングラン公演される名作です。その映画化の本作も素晴らしい完成度のミュージカル映画として映画史に残るだろう傑作、名作になっていると思います。

現在発売されているサウンドトラックはハイライト版で主要曲のみで、全曲収録ではありません(完全版を出してほしい……)。ともあれ、映画のままの歌・音が収録されており、剣を交える音や銃声なども入っているため、映画を思い出してその世界に浸れるものになっています。国内盤CDは歌詞対訳入り。

ツイート

Set against the backdrop of 19th-century France, Les Misérables tells an enthralling story of broken dreams and unrequited love, passion, sacrifice and redemption—a timeless testament to the survival of the human spirit.

no title


大きな地図で見る

しかし、人を感動させるのは歌だけではない。ユゴーの原作に含まれるメッセージが、貧困や犯罪などの悲惨を克服したはずの現代人にも強く伝わってくるからである。

 では、ユゴーがこの作品で人類に訴えようとしたメッセージとはなんなのか?

それは、「愛はたしかに勝つ。だが、愛というものは貰った分だけしか人に与えられないものである。ゆえに、ファンティーヌやコゼット、それにジャヴェールのような、愛を受け取ったことがない惨めな人々(レ・ミゼラブル)を救うには、ジャン・ヴァルジャンに象徴される《だれか》が見返りを要求しない無償の愛を《最初》に与えなければならない。かつてその《だれか》はイエスであった。だが、イエスへの信仰が衰えた現代にあっては、その《だれか》は《あなた》でなければならないのだ」ということなのである。

 原作でも映画でも、その「始まりの愛」は、パン一つを盗んだために十九年間も徒刑場で鎖につながれ、憎しみだけで生きるようになったジャン・ヴァルジャンに銀の燭台を与えるミリエル神父から発するように描かれているが、勘所は、この「始まりの愛」を受け取ったジャン・ヴァルジャンがキリスト教の伝道師となるのではなく、福利厚生施設を整えた工場の経営者として更生するところにある。つまり、現代における「愛」は雇用の創出や働く喜びを伴った社会事業として実現され、その前提から出発して「愛」のリレーが始まらなければならないのだ。

ブログ更新しました。鹿島茂「読売新聞」2012/12/27朝刊 映画「レ・ミゼラブル」を見て|鹿島茂の読書日記

艤装を残したまま15度以上傾いている木造帆船(戦列艦?)を乾ドックに入れるのにドックの水を張らないで船体の下にころも入れずにただ人数を頼みにロープで引っ張る、という冒頭は採石場の代替イメージであるとしても、そのようなことをしたら竜骨が半永久的なダメージを受けるのではないか、とちょっと心配になったものの、ミュージカルの映画化作品としてはおそらく破格の仕上がりであり、歌うという行為を映画的なパースの中に確実に定着させている。そのために採用されたクローズアップの多用は視覚的な迫力をもたらしただけではなく、俳優の演技を間近に観察できるという楽しみを与えることに成功した。

くまのあな: レ・ミゼラブル

関連エントリー

2011-08-09

映画『コクリコ坂から』感想

| 18:11 | 映画『コクリコ坂から』感想 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - 映画『コクリコ坂から』感想 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 11:28  『コクリコ坂から』KDDIキャンペーンサイト。手嶌葵さんによる主題歌を使ったTVCM、映画予告編、壁紙プレゼントなど。 / 「コクリコ坂から」 × KDDI 〜私を、あなたに伝えたい。〜 スペシャルサイト http://htn.to/Dg5D8b

コクリコ、雛罌粟について

  • 18:17  映画『コクリコ坂から』関連。コクリコはフランス語 Coquelicot で、ひなげしのこと。英名はポピー、スペイン語だとアマポーラ、"花言葉は「慰め、いたわり、陽気で優しい、思いやり」(アイスランドポピー)" / 雛罌粟 (ヒナゲシ) http://htn.to/xe14w2
  • 18:18  別名「虞美人草」 RT @snowystreet: 映画『コクリコ坂から』関連。コクリコはフランス語 Coquelicot で、ひなげしのこと / 雛罌粟 (ヒナゲシ) http://t.co/KE0rcaZ
  • 19:13  映画『コクリコ坂から』関連。コクリコは雛罌粟のことで、主人公「海」の住む洋館の庭に咲き乱れている。で、雛罌粟では与謝野晶子の有名な句がある。"ああ皐月(さつき)仏蘭西(フランス)の野は火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)"。先に洋行した夫・鉄幹を追ってパリへ。
  • 19:18  @snowystreet 映画『コクリコ坂から』関連。「海」(高二の少女)の洋館は山の中腹にあり、海が坂の下に見える。庭にはコクリコ。この設定、実は田辺聖子の「ひなげしの家」(『孤独な夜のココア』所収)という、晶子の歌をモチーフにした神戸が舞台の大人の恋の短編のそれとよく似ている  [in reply to snowystreet]
  • 19:22  @antonianjp おぉー。『コクリコ坂から』は1963年の横浜が舞台で、横浜の人が観たらご当地ならではの見方が出来て楽しいのではないかと思いました。実は主人公の住む古い洋館とか通っている高校、海や船が神戸の記憶の中の風景とよく似ていて、個人的には懐かしかったです。  [in reply to antonianjp]
  • 19:26  @snowystreet 映画『コクリコ坂から』関連。田辺聖子の神戸が舞台の短編と設定が似ているように、『コクリコ坂から』の1963年横浜は神戸の昔と似ていて、神戸育ちの私には懐かしかった。例えば通っていたピアノの先生宅が主人公の洋館と同様に元・開業医の洋館で坂の途中にあったし、  [in reply to snowystreet]
  • 19:54  『コクリコ坂から』。ジブリの顔つきとジブリの色彩、ジブリ(というかゲド風)の音楽だったけどジブリと冠する必然はどの程度あったのか(いや、企画脚本が宮崎駿氏なわけだけど)。爽やかな青春物語になっていた、気がする。横浜の人はご当地で楽しいかも http://coco.to/3033
  • 20:02  私の「ジブリ映画とはこういう感じだ」といった「前提」が悪いのかも。もう宮崎駿、高畑勲から世代交代し、変わることが必然、なんだろな、たぶん。RT 私: 『コクリコ坂から』。ジブリの顔つきとジブリの色彩、ジブリ(というかゲド風)の音楽だったけどジブリと冠する必然はどの程度あったのか
  • 20:08  アリエッティよりは好きだな>『コクリコ坂から』。でも横浜が舞台だった、神戸と似ていて懐かしかった、という贔屓目?はあるかも。あと映画の『ゲド戦記』も私はそんなに嫌いじゃなかったんで。←ナゾ誤字があったので再投稿。

『コクリコ坂から』と横浜と神戸

  • 18:20  RT @UWMER2011: 「コクリコ坂から」で海ちゃんと俊くんが待つ市電のバス停に「海洋博物館」の文字を発見。以前、マリンタワーに入っていた博物館。正式には、横浜海洋科学博物館、だったかな。その後、日本丸の横に移転。現在の横浜みなと博物館です。 http://p.tw ...
  • 18:25  映画『コクリコ坂から』関連。横浜イギリス館、ベーリックホール、港の見える丘公園など。確かに、横浜の現代の観光スポットとも重なっている、と。確かに。 / 横浜シティガイド コクリコ坂から「海と俊」の世界 http://htn.to/Mcy4BZ
  • 18:29  "舞台となる港が見える町とは、横浜。コクリコ荘があるのは、神奈川近代文学館のあたりのイメージ。さらに山下公園、ホテルニューグランド、マリンタワー、氷川丸、桜木町駅などが出てくるのも、見どころ" / コクリコ坂から −プロダクションノーツ− http://htn.to/sbALQC
  • 18:32  港の見える丘公園内。神奈川近代文学館 - Google マップ http://goo.gl/jlhkX / 神奈川近代文学館/(財)神奈川文学振興会 http://htn.to/tA6BMt
  • 18:41  映画『コクリコ坂から』関連。映画の舞台は1963年横浜で、横浜市電が登場する。このページから「昔の路線図」(他、古い写真などの壁紙)がダウンロードできる。 / 横浜市電保存館 ダウンロード http://htn.to/SEun5
  • 18:41  映画『コクリコ坂から』関連。映画に出てくる「横浜市電」について。 / 横浜市電 - Wikipedia http://htn.to/41fXir
  • 18:45  「コクリコ坂」候補の数々 / Melody Talk: コクリコ坂は横浜が舞台! 坂の場所はどこ?代官坂?紅葉坂? http://htn.to/gHVLQH
  • 19:04  谷戸坂はたまに通りますが、あのあたりほんと映画と雰囲気似てますねー。RT @UWMER2011: 谷戸坂? RT 私: 「コクリコ坂」候補の数々 / Melody Talk: コクリコ坂は横浜が舞台! 坂の場所はどこ?代官坂?紅葉坂? http://t.co/xc35vG5
  • 19:29  @antonianjp 私は横浜は神戸と似てるようで似てないなあ(海があまり見えない)と思ってたんですが、埋め立てされる前と後ではだいぶん違うんですね。それは以前からちょうど団塊の世代くらいの横浜の人達からお話聴いてたんですけど、今回改めて海と街の関係が神戸と似てると思えました。  [in reply to antonianjp]
  • 19:31  @antonianjp わりと「きれいな横浜」というか、高2くらいの真面目な学生が出入りする界隈の日常、が描かれていました。  [in reply to antonianjp]
  • 19:34  @Ooh1024 @antonianjp 神戸の中華街は「南京町」でこのへん横浜と神戸の歴史的な違いがあったりも。横浜、長崎、函館、小樽等々港町はけっこう旅行してて、坂と街と海の関係や雰囲気なんかが函館とよく似てました。函館の坂の上から港のほうを振り返ったとき神戸に居るかと思った  [in reply to Ooh1024]
  • 19:39  @snowystreet 映画『コクリコ坂から』関連。神戸と似ている、個人的に懐かしかった、という点では、洋館の古い屋敷、窓や庭や坂の上から見える海、タグボートなどの船が行き交う様子、あと、主人公の通う高校が坂の途中にあるコンクリートの古めかしい建物が母校や神戸高校と似ていること  [in reply to snowystreet]
  • 19:40  @antonianjp あのあたりは横浜ならではですねぇ。中華街もディープで神戸よりずっと大きいし。。  [in reply to antonianjp]
  • 20:07  @antonianjp 余貴美子さんがテレビで幼少時代の中華街大家族暮らしのお話されていて、食事のときに親戚かなんかわからん知らない人が一緒に食べていたとか、なんかすごかったです。。  [in reply to antonianjp]

疑問点とカルチェラタン

  • 10:56  カルチェラタン、トップクラフト……そしてスタジオジブリ:『コクリコ坂から』 - 冒険野郎マクガイヤー@はてな http://htn.to/fMnoUv
  • 11:05  映画『コクリコ坂』関連。これまでに書いた感想は http://t.co/2Dca8hW に自動ピックアップされている様子。
  • 11:06  『ココリコ坂から』関連。なんだかあの時代(1963)だなと思ったことは、主人公「海」は高校生なのに下宿屋の切り盛りで忙しい。なのに祖母は大奥様然として上等そうな和服を着て離れに端然と暮らし、「海」を手伝ったりはしない。海がこしらえた料理の前に後から座り、ただ「召し上がれ」と言う。
  • 11:08  あ、なんか抜けてるツイートもあるな。。自分宛でも返信で書いた分は抜けてるみたい。そりゃそうか。RT @snowystreet: 映画『コクリコ坂』関連。これまでに書いた感想は http://t.co/2Dca8hW に自動ピックアップされている様子。
  • 11:11  『ココリコ坂から』関連。http://t.co/uGUFSfd 続き。なんつーか、「海」の祖母の様子を見て、私の曾祖母を思い出した。曾祖母も戦前からの奥様暮らしに慣れきっていて、家を取り巻く状況や経済事情が変わっても、自分で働く、ということがうまく出来ない人だった。
  • 11:15  『コクリコ坂から』関連でちょいネタバレ。最後のほうで、徳丸社長がカルチェラタン視察に来て、生徒がぴかぴかに磨き上げたカルチェラタンの様子を見て「別の場所に新しいクラブハウスを建てよう」といったことを言い、生徒達はわーいと歓声を上げる。あれ?なんでそこで無邪気に(と見えた)喜ぶの?
  • 11:18  『コクリコ坂から』関連ちょいネタバレ。カルチェラタン取り壊し決定に対する存続運動に関しては存続であると、でも、生徒たちはカルチェラタンを文化部部室として現役で存続させたいわけじゃなかったのかな?歓声が新しい物をやはり喜ぶ時代の前進力か、存続決定に喜んだのかがよく分からなかった。
  • 11:31  @kina_ あっ、そういうことだったら、なるほど喜びますね。部室が増えるわけだし。。  [in reply to kina_]
  • 11:32  @mutronix そっか、あの映画の話の整合性?として納得です。「若さを否定しない」というテーマがある。  [in reply to mutronix]
  • 11:33  @adramine あー、団塊の世代ならではの生徒数増加も背景にあるのか!なるほどです。  [in reply to adramine]
  • 11:38  @kina_ @mutronix @adramine 私の母校の高校って校舎の雰囲気とかいろいろ映画の「港南学園」少し似ていて、で、「別の場所に新しい○○を建てる」(部室、校舎…)=一時的に建物増、しかしいずれ古い取り壊し改築する、だったので、つい不吉に捉えてしまったわけでした。  [in reply to kina_]
  • 11:42  @kina_ @mutronix @adramine 脱字失礼。「いずれ古い建物を取り壊し改築する」こと前提としての「別の場所に新しい建物を建てる」だったのでした。具体的には学校敷地内でだいたい90度ずつ場所をずらして校舎や部室長屋を新しく建て、建て終わったら古いのを壊す感じ。
  • 11:44  @kina_ @mutronix @adramine だから、「どうせ取り壊されるんじゃないの?大人に騙されやがってー」(カルチェラタン存続を確約させろよ)って感じで生徒達の喜びを私はシニカルに見てしまった。
  • 15:13  @yukisnowtree @unyue そう受けとればあのよろこびようも納得なのですが、  [in reply to yukisnowtree]
  • 15:14  @yukisnowtree @unyue 私の母校の高校が少し映画のあの学校と校舎とか似ていて、古いのとは別に新しいのを建てる=当面は部屋が増えるけどいずれ古いのは取り壊す、だったので、カルチェラタン本当に大丈夫かな(また近い将来取り壊しの話が出るかも)と私は思ってしまいました。  [in reply to yukisnowtree]