Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2011-04-18

上田早夕里『華竜の宮』感想。我がこととしての逃れようのない痛みと生の讃歌の様々

| 17:57 | 上田早夕里『華竜の宮』感想。我がこととしての逃れようのない痛みと生の讃歌の様々 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - 上田早夕里『華竜の宮』感想。我がこととしての逃れようのない痛みと生の讃歌の様々 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

  • 09:46  『華竜の宮』作者の上田早夕里さん著者インタビュー / 著者インタビュー:上田早夕里先生 http://htn.to/7D4dat
  • 09:55  メモ。枚数の問題、プロの小説家としての条件がある。難しいね / Togetter - 「SF作家上田早夕里 @Ued_S と SF文芸評論家 @naoya_fujita の対話」 http://htn.to/2vr26F
  • 11:00  @tamanoirorg 私自身は『華竜の宮』を楽しく、胸を痛めながら読みました。で、むしろ、全体としてはもっと短く切り詰められるのではないか(ただ、そうはできない理由があるんだと思う)、同じ枚数にするならたっぷり描きたい場面があるのならそちらに紙幅をまわせるのではと思いました。  [in reply to tamanoirorg]
  • 11:27  油布に包まれた遺体が次々と投げ込まれた。 淡々と続く作業の中で、泣く者は誰もいなかった。涙などすでに涸れ果てていた。すべてが終わったいま、残された人間が考えるべきことは、これからの生活だった。 http://bit.ly/f4WlJT #inbook
  • 11:36  すべての努力が無駄に終わるかもしれない。けれども、だからといって、それがなんだと言うんだ?」 すすけた色の惑星を見つめながら、僕はアーシャに言った。 「彼らは全力で生きた。それで充分じゃないか」 http://bit.ly/f4WlJT #inbook

我がこととしての逃れようのない痛みと生の讃歌の様々がこの小説には書いてある。

  • 12:01  上田早夕里『華竜の宮』から引用。特に、http://bit.ly/hq7D9H 前後の、大勢の仲間や家族を救う手だてなく何も出来ず見送り、遺体を火に投げ込んで遺体が燃えていく場面は強烈にリアルで、痛みと重みがある。
  • 12:06  承前。もし「他人事」といった批評がこの『華竜の宮』になされたのであれば(cf. http://j.mp/g8OgRt )その批評は全く妥当性に欠く。著者 @Ued_S さんの背景を知らずとも、我がこととしての逃れようのない痛みと生の讃歌の様々がこの小説には書いてあるのだ。
  • 12:11  この小説に対して「他人事」という批評があったのならそれには全く同意できない / Togetter - 「上田早夕里(@Ued_S)さんの『SFが読みたい!』感想と意見」 http://htn.to/oPfb6Y
  • 12:19  @snowystreet 承前。『華竜の宮』は非常に丁寧に書かれた痛みと抗議の書であるように読めた。さらに「アシスタント知性体」という登場人物とペアになって行動する存在を設定し、それに語らせる場面によって、一人称に近い視点、主観的ではない三人称的な説明が必要なところもクリアする。  [in reply to snowystreet]
  • 12:36  @snowystreet 承前。『華竜の宮』に対してあえて私の好みから書けば、非常に丁寧に書かれている分、やや角度を変えたりはしても同じ意味の文章が重複している箇所が多いのが気になった。その重複は作者にとって必要であり、読者の誤読や誤解を減らしたい意図もあるのかもしれないが。  [in reply to snowystreet]

大震災後の今、読んで……

  • 12:44  大震災の後の今、上田早夕里『華竜の宮』はスリリングで(地殻の大変動設定は現在と重なるようで意外にあまり重ならないーと思いたいーが、心理面は極限下だと近いと思う)、どうしようもなくてもなぜ生きるんだろう、生き残るとはどういうことなんだろう、と問いかける。ラストはビターだがほの明るい
  • 13:14  @tamanoirorg ありがとうございます。意図と怒りが昇華され、熱と力が猛烈にこめられた、推進力のある力作でした。  [in reply to tamanoirorg]

2011-01-09

齋藤智裕『KAGEROU』(ポプラ社)感想。感じの良い小説だった。

| 23:49 | 齋藤智裕『KAGEROU』(ポプラ社)感想。感じの良い小説だった。 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - 齋藤智裕『KAGEROU』(ポプラ社)感想。感じの良い小説だった。 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

KAGEROU

なかなか感じの良い上品な小説だった。お涙頂戴のエモーショナルさがないのもいい。シンプルでひたむきな愛があるのは伝わってくる。

  • 16:55  5分ほど前から『KAGEROU』読み始めてる。なかなか感じの良い小説だと思う。ほんとに。
  • 17:41  『KAGEROU』読み終わった。上品な小説ね。悪くない。自殺と臓器移植のアイデア面白い。比喩とかはよく言えばオーソドックス悪く言えば陳腐だけど変じゃない。ちゃんと読んで損はないんじゃないかなと思った。マジで。
  • 17:49  『KAGEROU』にはやっぱり病気の人への愛を感じたね。いずれにせよ試金石は次作になるだろうけど、齋藤智裕さんには心からがんばってもらいたい。
  • 17:56  はい。シンプルはシンプルですね。わかりやすい……。けどギリギリ安易じゃないほうに踏みとどまってる。読後感なかなか良い。RT @h_kanki: @snowystreet さすがに早いですねw 感想は僕も似てます。映画一本より安いのだから、こういうシンプルな本も増えていいと思う
  • 18:09  うーむ、なぜ『KAGEROU』が「シンプルでわかりやすいけど安易じゃない」のか。本気さに計算高さがない、悲痛さにはリアリティがある……からか? 中森さんが指摘しておられたように「シザーハンズ」と似ているファンタジー。ちゃんと考えて作れば映像化はトンデモじゃなくて、いけると私は思う
  • 18:10  RT @a_i_jp: 映画化した場合、ゼンマイ仕掛けの人工心臓の場面はありえないとの指摘があります。これはティム・バートン監督の『シザーハンズ』のような映画にするべき。ジョニー・デップが両手がハサミになった青年の悲喜劇を好演して感動させた。私がファンタジーにするべきとは ...
  • 18:11  Togetter - 「中森明夫氏による『KAGEROU』の個人的な感想」 http://htn.to/Gr3Tpr
  • 18:25  『KAGEROU』p.232に貼られた人名訂正シール。2010年12月15日第一刷
  • 18:52  RT @libro_jp: 斎藤智裕(水嶋ヒロ)『KAGEROU』。今日の朝日新聞で佐々木敦が「一部で揶揄されているほどヒドくはない、むしろ結構オモシロいんじゃないの」と書いていますが、私も同感です。「泣かせる小説」ではないところが好印象。ぜひお試しください。(商品部N)
  • 19:04  朝日新聞1/9読書面、『KAGEROU』を佐々木敦氏評。「読者の感情をエモーショナルに喚起するような要素は、ほとんど皆無であるとさえ言ってもいい」「これは明らかにわざとである」と、この点を「美徳」として評価されている。私も同感。淡々とした抑制の意志
  • 19:14  早々にまとめが。どうもです。ちなみに『KAGEROU』、私は初版を買ってたけど積ん読していてさっきが初読です。 / Togetter - 「今、『KAGEROU』を読み直す・・・とあるツイッタラーの読書レヴュー」 http://htn.to/b9N8et

1月12日ツイートから。ロバート・キャンベル氏『KAGEROU』書評から考える。

  • 12:37  ロバート・キャンベル氏による書評。"後半でストーリーが日常から離れるにつれて、少しずつ面白くなってきた" / 『KAGEROU』 齋藤智裕著 : 書評 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://htn.to/Rn6GUM
  • 12:45  ところでこのロバート・キャンベル氏書評に"主人公は無職で//自殺を決意する初老のヤスオ"云々とあるんですが、ヤスオは40歳(翌日が41歳誕生日)なんですけど。40歳は初老なのか?orz RT 『KAGEROU』 齋藤智裕著 : 書評 http://htn.to/Rn6GUM
  • 13:31  初老の賀、ですよねえ。小説の中にも大厄や老化の話があってその意味では四十は正しく「初老」ですね^^;。 http://htn.to/Rn6GUM しかしいっぽうで、 RT @pochi29: 初老は四十歳の異称だったはずです…
  • 13:41  しかしいっぽうで、長寿社会の今、新聞書評にポンと初老とあった時にそれが四十歳を差すと通ずるか疑問が。私は初老だと50歳後半?とか思ってしまう http://htn.to/Rn6GUM しかも軽い男の設定なんですよね RT @pochi29: 初老は四十歳の異称だったはずです…
  • 13:44  で、四十歳と書かずに「初老」と書いちゃうところにキャンベルさんの解釈があるのかなあと思ったり。 RT しかしいっぽうで、長寿社会の今、新聞書評にポンと初老とあった時にそれが四十歳を差すと通ずるか疑問が// http://htn.to/Rn6GUM しかも軽い男の設定なんですよね
  • 14:39  水嶋ヒロさんは映画化も構想にあったよう(cf.水嶋ヒロ「KAGEROU」映画化への熱いこだわり独占告白 http://j.mp/fLssTx )で、それなら私は彼自身が主人公のヤスオでも合いそうやなあと読んでて思ったなあ。ヤスオの言動はやっぱ東京DOGSのマルオに似てるし。。
  • 14:44  感想にも書いたけど、 主人公のヤスオにはダイレクトに病気の人への愛があるしね(作品全体にも)。どうしてもいろいろ、ご本人と重なってしまう。→齋藤智裕『KAGEROU』(ポプラ社)感想。感じの良い小説だった。 http://j.mp/ijIpC7
  • 14:51  『KAGEROU』は若者のはずだったのに何時の間にか自覚無しに初老と呼ばれていた40歳に踏みいってしまってた、もう若くなくなってた若者気分の男(で、現実を突きつけられて愕然とする)として私は読んだので、最初から主人公を「初老」のしたたかなおっさんという視点で読むのには違和感がある
  • 19:14  『KAGEROU』についてつらつら考えてみてるわけだけど、難病ものの文学作品にニーズがあるのは悲劇性や究極の状況と感情の喚起もさりながら、読者の「ケアされたい」「優しくされたい」といった渇望もあるのではないか。
  • 19:16  難病もので日本の小説では堀辰雄『風立ちぬ』村上春樹『ノルウェイの森』が実は似ていて、しかし『KAGEROU』は感情としてはもっとピュアでシンプルで一途で、だからいわば半分しか突き詰めていないともいえるかな。

1月14日ツイートから。佐々木敦氏『KAGEROU』書評について。

  • 16:01  佐々木敦氏による書評。"重いテーマだが、文体は一貫して軽い""読者の感情をエモーショナルに喚起するような要素は、ほとんど皆無であるとさえ言ってもいい" / 【レビュー・書評】KAGEROU [著]斎藤智裕 - 売れてる本 - BOOK:… http://htn.to/rDx8bS
  • 16:04  "この小説の最大の美徳は、泣ける物語を、しかし決してあからさまに泣かせようとはせず、やたら淡々と語ってみせたということだろう" RT 佐々木敦氏による書評 【レビュー・書評】KAGEROU [著]斎藤智裕 - 売れてる本 - BOOK:… http://htn.to/rDx8bS
  • 16:08  私自身はこの『KAGEROU』書評と評価に同意できる。RT "この小説の最大の美徳は、泣ける物語を、しかし決してあからさまに泣かせようとはせず、やたら淡々と語ってみせたということだろう" 佐々木敦氏による書評 http://htn.to/rDx8bS

2010-08-06

「テキストの向こう側を見る考察・解釈」について

| 16:51 | 「テキストの向こう側を見る考察・解釈」について - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - 「テキストの向こう側を見る考察・解釈」について - yukatti (snowystreet) on Twitter log

「テキストの向こう側を見る考察・解釈」について

7/24に書いたツイート「書評や感想で私が気になるのはテキストの向こう側を見る考察・解釈が多いこと*」について詳細に説明してみました。

なお、話の流れをわかりやすくするために、@ さんの発言を適宜、引用させていただいています。考察するきっかけを与えてくださったことに感謝します。

また、まとめるにあたり、引用箇所にて短縮URLを通常のURLに改めたり引用タグを追加するなどしました。


ちょうど先日、町山さんが同じような意味の意味の図を書かれていました。

映画の感想として途中の段階を飛ばしてこの図の一番下の階層(『意見』のところ)をいきなり語るのが、私が書いた「テキストの向こう側を見る」にあたります。 http://yfrog.com/bfmlkkp

http://a.yfrog.com/img411/9458/mlkk.png

http://www.twitlonger.com/show/2uqjds

.@ さんが仰っていた「作品テキストを舐めるように読む」、そしてテキストそのものを見つめる。いろいろな角度から検討したり、場合によっては読み手として中に入っちゃうこともあると思う。で、そこの部分を文章化するのはでも、大変だよね、ってことを続けて書いてます http://twitter.com/snowystreet/status/19408000927 http://twitter.com/snowystreet/status/19408071145 これは先ほど述べました。

http://www.twitlonger.com/show/2uqmhg

私自身の『ミノタウロス』感想で具体的に考えます。 佐藤亜紀『ミノタウロス』考 素案 - yukatti (snowystreet) on Twitter log - 文箱 からピックアップすると、佐藤亜紀『ミノタウロス』の感想として 若き主人公ヴァシリが、自分が破滅していくことを知っていながらもどんどん墜ちていくお話である。人間性を放棄しながらもどこまでも人間である部分、破滅の騒々しさと虚無の美しさ、墜ちていく感覚のめまいと絶望感*…ここはまだ建物を見ていると言えるかもしれませんが私自身の解釈ですよね。


この時代からさらに年月も国境も経て、55年体制も終わり、さて、現在を生きる私は人がゴミのように大量に死んでしまうことも、阪神・淡路大震災で都市が脆くも崩れ連綿と続いていた日常の暮らしと街が突然変わり果ててしまうことも知っている。ヴァシリたちと私はどう違うのだろうか?*は「テキストの向こう側を見」ている部分なのです。このようなことはこの小説のなかに文字として一言も書かれていません。私独自の解釈であり感想です。「建物を透かして建物の向こうに見える風景」にあたります。でも感想を短文で書け、と、文字数に制限されていたり、時間が限られていたりするならこの部分だけ書くと思います。


また、 のツイート(まとめ Twitter読書メモ(『ミノタウロス』について) - 『ミノタウロス』読書日記 - 佐藤亜紀小説研究ノート )の、佐藤亜紀『ミノタウロス』読んで何かのきっかけで普通に暮らしていた人間もミノタウロスになりうる(自分含め)"* これも完全に私自身の解釈であり感想です。でも「感想、解釈、意見」だけ書け、ということなら、ここだけ書いて済ませることもできるんじゃないかな。

で、当然、ここは完全にテキストから離れた私の解釈の階層だから、違う解釈をする人、違う意見の人は多いと思います。作者自身の考えとも違うかもしれません。

http://www.twitlonger.com/show/2uqsbr