Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2010-09-01

マンドリン関連ツイート

| 21:24 | マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 15:52  昨日、某大学まんどりんくらぶの、見ず知らずの学生さんから「自分たちが次の演奏会で弾く予定の曲のスコアをコピーさせてほしい」旨の依頼メールが突然来た。検索でうちらのアンサンブルが演奏したことあるのを見つけたみたいで、コピーさせてくれろと…外国の古い曲なので著作権とかは切れてます。
  • 15:54  悪いけど断ってしまった。私たちが持っていたのはあまり良いスコア・パート譜ではなかったのと(写譜ミスなど多く)、検索上位に出てくるけどその曲の楽譜、きちんと訂正検証されたよりよいスコア・パート譜が市販されているので。で、そちらをご購入されてはいかがですか…と返信。へんじはまだない。
  • 16:06  フレット楽器オザキ大阪店。"京都市在住の医師 尾崎信之氏が長年にわたり蒐集された約7,000曲のマンドリン楽譜および資料"。目録あり。閲覧、複写の請求、合奏譜販売 / オザキ譜庫マンドリン楽譜について http://htn.to/AWXR3b
  • 16:10  イル・プレットロ誌作曲コンクール入賞曲等イタリアのマンドリンオリジナル曲。"出版されたスコアやパート譜を忠実に再現し、不足するパート譜を原譜に基いて作成し"解説を付けて販売 / オザキ譜庫発売マンドリン合奏譜 http://htn.to/wKkaG9

2010-08-31

マンドリン関連ツイート

| 21:27 | マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 11:14  @nicorista 合図ですぐに合わせられるメンバー揃えて数回の音合わせだけで新鮮な気持ちと勢いのある演奏するのも楽しい。10年かけて、気脈を作ったアンサンブルもやはり楽しい(しんどいけど)。いろいろ違うアンサンブルに参加できると刺激になりますよねー  [in reply to nicorista]
  • 11:19  @nicorista 楽器の難易度はありますよね。教育の場面に広く取り入れられている楽器はやはり、楽器の操作の習得が一定のレベルまでは容易く早くできて、「音楽」演奏の楽しさ難しさを体感できるようなものが選ばれているわけで、マンドリンしかりギターしかり  [in reply to nicorista]
  • 11:29  @nicorista ほんとは自分自身で演奏つくって考えて仕掛けてもいけるような人でアンサンブルすると刺激的なんだろけど、まずそもそも、指揮者無しで合わせられる人を集めるのがアマチュアだと至難の業だったりですよ…  [in reply to nicorista]
  • 11:36  @nicorista 日本ではマンドリンオケ中心だから指揮者のいる合奏経験のみの人がほとんど。また、ギターだとソロ演奏がどんなにうまくても合奏やアンサンブルが出来ない人もかなりいます。他人の「気配」を感じとれない、他人の音が耳に入らない。アンサンブルって奥が深くて難しいです…  [in reply to nicorista]
  • 11:49  @takuja たとえば、弦楽セレナーデの下降、上昇の音の跳躍が、プレクトラムだとほんとに「跳躍」になってしまう…くっきり明快になりすぎる。ヴァイオリン属が奏でるようなふわっとしたエア感に欠ける。それが確かに地中海っぽいかもしれませんね  [in reply to takuja]
  • 12:49  @takuja そういえばハイドンの弦楽四重奏いくつか、マンドリン属で演奏したのをマンドリン四重奏コンクール等で聴いたことことありますが、なかなか良かったな。無理がなかった。  [in reply to takuja]
  • 12:50  RT @takuja: 逆に、ハイドンの曲にはクロアチア民謡が相当に採り入れられていて、そういう曲の多くは、本来撥弦楽器で演奏されていたのだった。前に書いたブログ: http://j.mp/9Lr3KD
  • 12:55  "タンブリッツァというのか、おそらくマンドリンのような撥弦楽器が中心になって演奏される軽やかな2/4拍子の曲(たいていポルカの名が冠されている)は、たしかに「鳥」の終楽章冒頭にそっくりな音型に満ちている" / ハイドン「鳥」とクロアチア… http://htn.to/HBmpei

2010-08-30

マンドリン関連ツイート

| 21:29 | マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 18:42  IMSLPの http://bit.ly/aRjfcl For Violin …のスコアとかご参考まで。前もツイートしたことあるけどモンティのチャルダシュって元々はマンドリン曲でふRT @nicorista: チャルダッシュを耳コピで音取りしてみるなど。今度学院で譜面ゲトしよう
  • 23:10  @nicorista モンティのチャルダッシュの作曲年が1904年、モンティはナポリ出身なんですね。当時のイタリアはマンドリン最盛期で、現代のいわゆるクラシックマンドリンで一般的な形…いちじく型の「ナポリ型マンドリン」が改良・完成した後でもある。たぶん楽器は今の形だと思います。  [in reply to nicorista]
  • 23:22  @tamanoirorg @nicorista プレクトラム楽器でスラブ系のメロディーを奏でると楽器の特性からリズムや音階の特徴が明確になる、また、楽器として俗な洗練されていない部分が、もともと「民衆の中にある音楽」であった要素を浮かび上がらせる…といったことがあるように思います  [in reply to tamanoirorg]
  • 23:52  ドヴォルジャークの弦楽セレナーデ(どんな曲かというとYouTube http://t.co/PJUfm1i )。とても好きな曲なんだけど、マンドリンと弦楽のそれぞれ五重奏で聞き比べする機会があって、弦楽のほうがやはり甘美になる。持続音の滑らかさ、深さは擦弦楽器には叶わないかな…