Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2012-11-06

Tue, Nov 06 Twitter投稿

00:44 | Tue, Nov 06 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - Tue, Nov 06 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 07:24  日経新聞2011年11月4日朝刊掲載レビュー、評者は翻訳家の風間賢二氏。"紙幣(同様に株)もまた言語と等しく多義性・曖昧性をはらみ、意味のインフレーションをおこす" / “金の仔牛 佐藤亜紀著 18世紀欧州のマネーゲーム :日本経済新聞” http://t.co/cT7IygO1
  • 08:26  RT @moriokahiguma: おはようございます。困ったものです。私自身は生態学が専門では無いのですが地域の歴史を反映してできた里山的二次林を「間違った森」と罵倒したり、氷河期以降人間利用の影響で一度も照葉樹林化したことがない所でさえ「潜在植生としての照葉樹林」が ...
  • 08:27  RT @moriokahiguma: 承前 やや極端に言えば、もはや科学ではなく、自らの「原生的自然であるはずの潜在植生が最も尊く、それは日本では照葉樹であるという価値観」の押し付けにすぎません。実際には日本は広くすべてが照葉樹ではないし、歴史を反映した二次林にも別な意味 ...
  • 08:27  RT @moriokahiguma: 承前 ましてや地域ごとの自然と人間の応答の歴史である二次的自然景観である森林を「まちがっている」などと評価するのは失礼千万と僕は思います。もちろん杉・檜至上主義の時代=「森林造成をすべて人間がコントロールできるとの思いこみ」に対して「 ...
  • 08:27  RT @moriokahiguma: 承前 批判されたことは大きな功績であり、この時点では素晴らしい科学者だったと思うのです。ただそれが行き過ぎて人為がすべてダメという極論から「照葉樹至上主義」に至る所で評価できなくなります。続@ke_1sato
  • 08:27  RT @moriokahiguma: 承前 島の上に多くの人間が暮らしてきた日本の自然の多くは多かれ少なかれ、そこにおける人の暮らしとの応答の中で形成されています。もちろん人為の影響の極めて少ない原生的自然も存在し、それはそれで貴重ですが、それ以外の自然に価値がないなどと ...
  • 08:27  RT @moriokahiguma: 承前 問われるべきは「人間と自然の間にある関係が持続可能なものであるか否か」であって人為の有無という0か1かのデジタルな問ではありません。このあたり放射性物質のリスクの問題と似ているのかもしれません。単純な二分法的思考では問題が解決し ...
  • 08:27  RT @moriokahiguma: 承前「正しい自然の在り方」を明確に示してくれるのは解りやすくみえます。しかし場所的普遍性を持った「どこでも正しい自然」は存在しません。そこにある自然は地域ごとの自然条件、そこに暮らす人の営みの変化、自然と人の双方の歴史に基づいてできた ...
  • 08:27  RT @moriokahiguma: 承前 どうかそういったことを踏まえた海岸林復旧が行われてほしいと心から思います。朝から長々と申し訳ありませんでした@ke_1sato
  • 09:05  オペラ『フィガロの結婚』から、「深層」と「表層」を考察する。 / “『金の仔牛』 著者:佐藤亜紀 〜十八世紀の表層〜  | 読書人の雑誌『本』より | 現代ビジネス [講談社]” http://t.co/19YSdhsz
  • 09:32  2012年11月5日放送。 http://t.co/hG4uiVnr / “福島第一原発作業員自らが解説する「NHK クローズアップ現代 「原発作業員が去っていく 福島第一原発“廃炉”の現実」」 - Togetter” http://t.co/4iPlviI3
  • 09:50  “時事ドットコム:鴎外「舞姫」モデルの晩年明らかに=ベルリン在住のライターが調査” http://t.co/L5X05vr8
  • 10:37  RT @daizusensei: 保養に行った先で「なぜ子どもを福島に住まわせているのか」と責められ、いきなり子どもの首をさわられて「甲状腺は大丈夫か」とやられて、泣いて帰ってきたお母さんがいたという話を聞いた。あってはならないこと。
  • 10:38  RT @daizusensei: 福島には「絆」という言葉が嫌いな人が多い。この苦しく悲しい現実をまずは自分のこととして引き受けなければならないことを分かっているから。それがどれほど難しいことか知っているから。他人が手だしできない魂の領域。
  • 10:38  RT @daizusensei: 「福島の子どもを守りたいのか、自分たちの信念を守りたいのか、よく分からない」福島でよく聞く話。そう受けとられないようなやり方を考えよう。
  • 16:55  "自分たちだけが高見から批判するという姿勢では議論を進められない""『こうしたほうがいい』という提案まで提示することで建設的な議論につながる" / “なにわ人模様:大阪大コミュニケーションデザインセンター・小林傳司教授 /大阪− 毎日…” http://t.co/usHCpTTW
  • 18:57  面白い対談。""自分というのはどこにあるんだろう、人に映さないと自分が見えないっていう透視図方式"とか、ずきんときた。 / “ヤマザキマリ(漫画家)×平本正宏 対談 時代を行き交う透視図法 | TeknaTokyo” http://t.co/6kUyAAGs
  • 21:00  RT @hashimoto_tokyo: 多くの人が「推進派か反対派か」「放射脳か(エア)御用か」「敵か味方か」「白か黒か」と問われました。不毛だったと思います。RT @kei_sadalsuud STSの先生たちは「君たちはどちらの味方なんだ?」と言われ続けてきたような ...

Powered by twtr2src