Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2011-02-14NHKドラマ「その街のこども」、同・劇場版映画 感想

目次

  • [映画] 映画「その街のこども 劇場版」感想。追体験ムービーとしての普遍性、光と音の立体感
    • 2月13日 鑑賞当日のツイートから
      • 冒頭で体が硬くなる。
      • 「被災そのときからの追体験ムービー」
      • 光と音の立体感
      • クライマックス
      • 受けとめたい思いと、あてどない怒り。
      • 「その街のこども」ドラマ版と劇場版(映画)の違い
      • 被災者にとっての「その街のこども」受容
      • 完結させない、皆に開かれる問い。「答え」はまだわからない。
    • 2月14日のツイートから
      • 「その街のこども」に流れる神戸の音
    • 2月17日のツイートから
      • サンデル先生『これからの「正義」の話をしよう』との類似
      • 「勇治と美夏が歩いた道」ルートについて
    • 2月18日のツイートから
      • 新神戸から三宮
      • 阪急三宮駅
  • [映画] 阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」(2010年1月17日放送)感想。傑作。
    • 2010年1月17日〜18日 放送直後のツイートから
      • ドラマに出てきた風景。
      • 無理に結論を出していないのも良かった。
      • 錆び付いた神戸弁がほぐれていく。
    • 2010年5月5日 再放送時のツイートから

映画「その街のこども 劇場版」感想。追体験ムービーとしての普遍性、光と音の立体感

| 18:53 | 映画「その街のこども 劇場版」感想。追体験ムービーとしての普遍性、光と音の立体感 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - 映画「その街のこども 劇場版」感想。追体験ムービーとしての普遍性、光と音の立体感 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

その街のこども 劇場版」は映画冒頭で強制的に呼び起こされた震災時のかたく強ばった心を、登場人物二人と共にほぐしていく、という、被災そのときからの追体験ムービー。前提を共有し、被災後の「今」から始まっていたドラマ版とは大きく決定的に違う。

「追体験ムービー」になったことで、ドラマでの被災者に対する慰撫の性質は損なわれて被災者の中には観るに耐えない向きも増えたはずだ。そのかわり、被災体験のない人々に訴求する普遍性を獲得している。より多くの人のための映画になった。

テレビ画面から映画のスクリーンになることで際立ったのは、ロードムービーとしての美しさと、神戸のまちなかで聞こえる様々な音の立体感。劇場で観る価値がある。

森山未來、佐藤江梨子主演の阪神・淡路大震災15年特別ドラマ「その街のこども」が再­編集を加え、NHKの制作したドラマとしては史上初の全国劇場公開が決定。第36回放­送文化基金賞受賞作。

映画「その街のこども 劇場版」特報 1.15全国ロードショー - YouTube
  • no title
    • 「その街のこども 劇場版」映画の解説と分析、見どころなど。絶賛・激賞されています。

大友良英サウンドトラック Vol.0

2月13日 鑑賞当日のツイートから

  • 15:03  「その街のこども 劇場版」を写美で観た。昨年1.17放送のNHKドラマでは75分枠だが映画本編は83分で、冒頭地震直後の壊れた街、被災した子どもが描いた絵、ところどころに二人の「間」や説明的なシーンが追加してあり、ドラマ時より流れが分かりやすくなっている #sonomachi
冒頭で体が硬くなる。
  • 15:09  「その街のこども 劇場版」。私も神戸育ちで神戸で地震に被災したので、映画冒頭地震直後の街の映像は当時の衝撃(自分たちの街が壊れた!)がよみがえり、それこそ「トラウマ地帯」(森山未來の台詞)で辛かった。体がかたくなる #sonomachi
「被災そのときからの追体験ムービー」
  • 15:17  「その街のこども 劇場版」は映画冒頭で強制的に呼び起こされた震災時のかたく強ばった心を、登場人物二人と共にほぐしていく、という、被災そのときからの追体験ムービー。前提を共有し、被災後の「今」から始まっていたドラマとの大きな、決定的な違い。 #sonomachi
光と音の立体感
  • 15:27  「その街のこども 劇場版」。テレビ画面から映画のスクリーンになることで際立ったのは、ロードムービーとしての美しさと、神戸のまちなかで聞こえる様々な音の立体感。劇場で観る価値がある。 #sonomachi
  • 15:28  「その街のこども 劇場版」。街中のあかり、神戸の高台からの夜景、暗い大阪湾の向こうにも紀伊半島のあかりが見える、高架下のまるで地震のような凄まじい電車の音、夜中にも響く「ゴオー」という都会特有の低い騒音(主に車の走行音)、六甲山からごうごうと吹きおりる冬の風 #sonomachi
  • 16:10  「その街のこども 劇場版」、泣けたポイントや見終わったあとの全体的な感想はドラマとあまり変わらない。ただ、劇場版のほうが分かりやすく、そして、映像や音からの刺激がテレビよりスクリーンが大きいぶん、気持ちが増幅されたように思う。 #sonomachi
クライマックス
  • 16:14  「その街のこども」劇場版。劇のピークは美夏が震災で亡くなった友人「ゆっち」の父のマンションを訪ね、ゆっちの写真をもらった様子、そしてベランダで手を振る「おっちゃん」に公園で振り向いて手を振りかえすところ。その後、水道筋を笑いながら一気に前へ駆けだすところ。 #sonomachi
受けとめたい思いと、あてどない怒り。
  • 16:22  「その街のこども 劇場版」。忘れたい酷い経験からの自分の変化もきちんと考える、つらくなったらみんなで工夫してみんなでやりすごす。でも、人はみな経験も思いも違う。だから、それぞれのペースで、という「メッセージ」はとても大切なものであり、受けとめたい。一方で、 #sonomachi
  • 16:27  「その街のこども 劇場版」。一方で、登場人物二人の喪失感、理不尽な天災への怒り、無力な子どもだったという無念さが強烈だ。特に森山未來の演技……たとえば誰もいない夜の公園での素振り、小石を投げつづける姿。震災で壊された人間関係で、少年野球も全うできなかった。 #sonomachi
  • 16:31  「その街のこども 劇場版」。彼らの喪失感は、実際の「喪失」なのだ。失われたものはあまりに大きい。取り返しがつかない。ほんとは地震なんか起こらなければよかったんだよ。見終わって改めて怒りがつのる。あてどない怒りが。 #sonomachi
「その街のこども」ドラマ版と劇場版(映画)の違い
  • 16:42  「その街のこども 劇場版」。そんなわけで、地震直後の映像が入っていない、被災後の「今」から始まっていたドラマ版は被災者に寄り添った優しい慰めと励ましになっていたと思うし、辛い思いを抱えている被災者の方々に見てもらえたらなあ、と思えたのだが、 #sonomachi
  • 16:48  「その街のこども劇場版」は「被災そのときからの追体験ムービー」になり、ドラマでの被災者に対する慰撫の性質は損なわれて被災者の中には観るに耐えない向きも増えたはずだ。そのかわり、被災体験のない人々に訴求する普遍性を獲得している。より多くの人のための映画になった #sonomachi
  • 16:56  @sonomachi_movie 「その街のこども 劇場版」、やっと観に行けました。映像と音の美しさ、立体感。震災後に神戸を離れ今は神奈川に住んでいるのですが、あー神戸の音だ、と、懐かしくなりました。ドラマから映画へ、本当に素晴らしい作品をありがとうございます。  [in reply to sonomachi_movie]
被災者にとっての「その街のこども」受容
  • 18:05  @kobe_minokasago 「その街のこども」劇場版はかなりヘビーでしたね。あえていえば、被災者以外のための部分が多すぎる。それは被災していない人々には説明として必要だったのかもしれませんが、私もいきなりこの劇場版だったらショックうけたと思います。  [in reply to kobe_minokasago]
  • 18:13  ドラマ版では被災者の心情を繊細に配慮、地震の場面はなし、直接の人間的な被災の詳細は最低限に語られ、または語られもせず、だったので、それらを加えてきた劇場版と衝撃がだいぶん違いました。 RT 私: @kobe_minokasago 「その街のこども」劇場版はかなりヘビーでしたね//
  • 18:31  @kobe_minokasago 私はドラマ版はいろんな方々に広く見てみてほしいとほんと思いました。自分もこんな感じやねん、と薦めまくりました。でも劇場版は生傷を刺激されすぎて見ていてほんとに硬直したので、他所の人にはいいかもしれんけど、被災者の人には、よー薦められません。。。  [in reply to kobe_minokasago]
完結させない、皆に開かれる問い。「答え」はまだわからない。
  • 18:41  「その街のこども」脚本の渡辺あやさんが舞台挨拶で、勇治が一緒に東遊園地に入らなかったのはそこで入ると二人のハッピーエンドで二人で閉じて話が完結してしまうから。二人がそのまま別れるから、簡単には解決しないことなんだと、話は終わらず皆に開かれると @kobe_minokasago
  • 18:43  @kobe_minokasago そうですね。「その街のこども」は「未來は今」があってこそで、繋がっていると思います。そして「答え」は有無も含めて私もまだよくわかりません  [in reply to kobe_minokasago]

2月14日のツイートから

「その街のこども」に流れる神戸の音
  • 07:30  たとえば、よく「音は上にのぼる」と言われますが神戸の場合も、坂の上の高台に行くと街の音(本当は騒音)が混沌とした低音で押し寄せてきます… RT @sonomachi_movie: //神戸の人にしかわからない“神戸の音”というのが、この作品には流れているのですね。
  • 07:35  勇治が御影山手の、美夏の祖母宅の門前で押し寄せてくる街の音、山からの風、谷の水の音に包まれた。ゴオゴオと低く響くそれらの音は映画冒頭の新幹線の走行音にも似て、そして地震が起こったときの音、地鳴りの記憶にも繋がるのでは。RT @sonomachi_movie: //“神戸の音”//

2月17日のツイートから

サンデル先生『これからの「正義」の話をしよう』との類似
  • 15:39  まさにサンデル先生的でしたね。RT @cnomiya2009: //「その街のこども劇場版」で、出会った二人が居酒屋で食事してる時の、こじれるきっかけになった話を聞いて、「サンデル先生の本の冒頭のエピソードが再演されとる…!」と思った//
  • 15:46  実際、神戸ではああいうことがあって、仕方なく買ったこともあったけど、サトエリちゃんの反応が一般的で。RT @cnomiya2009: //「その街のこども劇場版」で、出会った二人が居酒屋で食事してる時の、こじれるきっかけになった話を聞いて、「サンデル先生の本の冒頭のエピソード//
  • 15:48  普段通りかもっと安く売った店が多かったんですよね。で、暴利を貪ったところはやがて淘汰されていった。RT @cnomiya2009: //「その街のこども劇場版」で、出会った二人が居酒屋で食事してる時の、こじれるきっかけになった話を聞いて、「サンデル先生の本の冒頭のエピソード//
  • 16:08  @cnomiya2009 暴利貪り側は怒りをかい売れなくなって淘汰、真っ当な商売をした側も損害大きく(たとえばダイエーとか必要な物資を崩れた店舗の前でいち早く供給、素晴らしかったですよ)その後の苦境、結局どちらも苦しんだのでした。地震なんてろくでもないワケわからんもん。  [in reply to cnomiya2009]
  • 17:03  @cnomiya2009 震災に関しては今後の都市部の大地震被害(そもそも地震がおこらなければ何よりですが)が試金石になるでしょうね。阪神淡路のあとで出来た制度や研究も進んだので、それがどう生かされるか。噴火に関しても二重体制や予算削減などで火山監視が手薄になってきてるのが心配  [in reply to cnomiya2009]
「勇治と美夏が歩いた道」ルートについて
  • 17:11  その街の〜のポイントは(うざったく勝手解説すみません)新幹線の新神戸駅からいったん三宮(街の中心)に行ったあと三宮から御影までというルート設定でRT @nijimu: //「その街~」は、ロードムービー的な枠組み(しかも巻き込まれ型)だなと思った。と言っても新神戸から御影までだが
  • 17:20  @snowystreet 「その街のこども」公式サイト http://sonomachi.com/ 「勇治と美夏が歩いた道」手書き地図参照、新神戸駅からそのまま御影山手に行くぶんには、どちらも山際の地点なのだから市バス「2系統」のルートを通って山沿いに東に行くのが妥当な選択。  [in reply to snowystreet]
  • 17:24  @snowystreet 「その街のこども」で行きしなに勇治のトラウマ地帯である阪神西灘駅を通らすためには新神戸から三宮にまずは絶対に南下しなくてはならなかった。  [in reply to snowystreet]
  • 17:26  @snowystreet 「その街のこども」、JR三ノ宮駅のコインロッカー→ポートライナーの高架下→阪急の高架ぞい、が彼らの歩き始め。しかもたこ焼き屋シーンで阪急春日野道近くの高架下通ってるのにさらに南下して阪神電鉄沿いに勇治のトラウマ地帯、阪神西灘をわざわざ通ってる。  [in reply to snowystreet]
  • 17:31  @snowystreet 「その街のこども」、おばあちゃんちの御影山手は三宮から見ると「上」(北)のほうだから三宮からだとせいぜい阪急沿いにまっすぐ向かえばいいのに、彼らは実は南北相当ふらふらしてるのだった。  [in reply to snowystreet]
  • 17:33  @kobesea 歩道橋の場面とかもルート的には相当変でしたよね。帰りのルートもちょっとふらふらだったけど、帰りはまあ、美夏の聖地を通りたかったのかなとかまだ理解できますがw  [in reply to kobesea]
  • 17:37  「その街のこども」 http://sonomachi.com/ http://www.nhk.or.jp/hisaito/sonomachi/ 詳細なルート。めぐってみたい。。 / 「その街のこども」ロケ地ルート備忘録: つれづれ日記 http://htn.to/Ljhf4g
  • 18:37  素晴らしい!ありがとうございます。RT @celtista: 物凄くざっくり追ってみました。 http://bit.ly/g68S9j RT「その街のこども」 詳細なルート。めぐってみたい。 / 「その街のこども」ロケ地ルート備忘録: http://htn.to/Ljhf4g

2月18日のツイートから

新神戸から三宮
  • 00:30  @nijimu ご存じの方にはいいんですけど、「その街のこども」で新神戸から三宮の描写が無かったことで新神戸と三宮を混同してる感想がネット界隈で散見されて気になってました(新神戸のコインロッカーだと勘違いとか)。まあ新神戸から三宮はフラワーロード一直線しかないですもんね。  [in reply to nijimu]
  • 00:34  「その街のこども」の冒頭のほうで新神戸駅のシーンのあと三宮駅の北側の交差点。阪急三宮駅のあの重厚な古い駅舎がなくなって再建されずピカピカだけどプレハブ建てのような駅になったのはやはり大ショックだし震災の象徴のひとつだと思う。
  • 00:37  @kobesea ご当地ドラマだと名所を盛り込むあまり、えてしてありえへんルート設定になったりしてますが、その点では「その街のこども」はまあまともといっていいルート設定ではありますね。  [in reply to kobesea]
  • 00:41  @kobesea 前に神戸を舞台にしたなんかのドラマで新神戸から山本通りに向かう道の続きでメリケンパークのほうだか(失念)全く違うとこに繋がっていて大笑いしたことがw  [in reply to kobesea]
  • 00:46  @nijimu 神戸は場所によってはタクシー使うのが地元民も馴れないとムズいですね。南北の幅が狭いからそんなに遠くなかったりとか、一方通行とか。まあ、態度良くないです。概ね。  [in reply to nijimu]
  • 01:01  推察ですが一つには「その街のこども」は元は地震の被災当事者を意識したドラマだから新神戸〜三宮の徒歩15分弱は言わずもがな、阪急三宮駅をいきなり映して街の変貌の衝撃をより明白に。RT @nijimu: //一瞬移動中の場面を出せばいいことなのに敢えて省略したのかどうか//
  • 01:15  「その街のこども」のドラマ時間枠の制約もあったかもですが、前提の共有に依存している面はあると思う。 RT @nijimu: //それで納得できるものではないですよね。だからわたしは「作品上、重要な話ではない(調べれば分かる)から省いた」くらいしか答えが見つかりませんでした
  • 01:21  「その街のこども」新神戸から三宮への移動はストーリーでも設定でも必須(ゴール地点の東遊園地は三宮にあるし)ですが、会ってすぐだとどうせポツポツ話してるうちに気づけば着いてたって感じだったろうなと私は想像で補ってました。絵にならない道のフツーの気まずさ RT @nijimu
阪急三宮駅
  • 03:38  かつての阪急三宮駅の画像をウェブでいろいろ探してみたりしてた。震災前の壊れてない頃の駅の写真はやっぱ少ないね……
  • 03:39  阪急三宮駅の歴史、駅ビルの古い写真、ホーム写真など。 / 阪急三宮駅〜実は“こうべ駅”だった - 若葉マークの都市建築研究所 - Yahoo!ブログ http://htn.to/HvVAzg
  • 03:41  阪急三宮駅の駅ビル断面図等。ほかhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~mt-rokko/a_kobe_j.htm からいろいろ貴重なイラストなど / 阪急三宮駅 http://htn.to/iYVVcn
  • 03:43  7年間でこう変わった:定点写真。解体工事中の写真は胸が痛む。 / 震災記録写真(大木本美通撮影):阪急三宮駅(定点) http://htn.to/K8e1cz
  • 03:45  1995年2月4日撮影、阪急三宮駅ビルの解体工事。工事中、私も何度か横を通ったが非常にほこりっぽく、巨大なホースで絶え間なく散水しながらの作業だった。 / 阪急三宮駅ビルの解体工事: 震災記録写真(大木本美通撮影) http://htn.to/5N8qMC

阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」(2010年1月17日放送)感想。傑作。

| 18:24 | 阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」(2010年1月17日放送)感想。傑作。 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - 阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」(2010年1月17日放送)感想。傑作。 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

大友良英サウンドトラック Vol.0

ドラマ「その街のこども」は揺れの再現シーンは一切無く、すべて震災後の今の話のみです。こどもだった若者たちがどういう感情を押し込めていたかを描き出し、しかし過剰に流れない。ロードムービーのようでもある。傑作だと思ってます。

2010年1月17日〜18日 放送直後のツイートから

  • 22:35  音楽は大友良英さん( @otomojamjam )→NHK総合1月17日(日)23:00〜24:13放送の阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」 http://ow.ly/VyEo (森山未來、佐藤江梨子)、テレビやサイトで予告編見たら素晴らしそうだった。
  • 23:10  二人とも東灘で被災RT @napoling: 「その街のこども」。ゆうべの「神戸新聞の七日間」との圧倒的な違いは主役の二人が関西人で子供のころ震災を体験していること。 http://bit.ly/8isc2o #nhk
  • 23:59  都賀川やったなあ、川のシーン。その街のこども #nhk
  • 00:17  ラストは今朝撮影です。音楽の大友さんのブログに関連記述あり http://ow.ly/XlP1 RT @chibicoo: twitter情報によると今朝だそうです! RT @shokuto @chibicoo そうなのかなーと思いましたけど。即日編集。去年のですかね? #nhk
  • 00:28  二人とも神戸を長く離れていた感じが出ていて(なんとなく不自然な神戸弁がだんだん戻っていくみたいな)、心の痛みとの葛藤、町並みを懐かしく思う気持ちと苦しさ…などなど。見て良かったな→阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」 http://ow.ly/XlUK #NHK
  • 00:30  「その街のこども」。自分も震災後、神戸を離れた一人で肩身が狭い思いがある。ちょうど自分がわりによく知っている地域が舞台でもあって、見るのが苦しくなったら途中でやめようと思っていたけど、最後まで見てしまった。葛藤を葛藤として普通に描いてくれていたからだと思う。
  • 00:33  「その街のこども」音楽担当の大友良英さんのブログ→15年前の今日 - 大友良英のJAMJAM日記 http://ow.ly/XlXq 。「主演の森山さんがかなりパンキッシュなドラムやパーカッションをたたいてくれてます」→ http://ow.ly/XlY8 #NHK
  • 00:36  @otomojamjam 震災当時神戸に住んでいて、その後、神戸を離れたので主演のお二人と自分を少し重ねて見るところがありました。作品、音楽、心に残りました。見て良かったです。
  • 09:58  良かったですねーRT @pessego__: 無音(俳優達の声のみ)のシーンと、大友さんの音が始まるシーンが対照的なドラマでした。登場人物の心理描写の変化の度に、各々に併せた音が鳴り響く。映像と音によるシーン展開。そのコントラストが良かった。
ドラマに出てきた風景。
  • 11:08  「歩きつづける」RT @soralisfran: 「その街のこども」…一夜明けての覚え書き | http://frankin.seesaa.net/article/138650460.html
  • 11:38  昨夜のNHK 阪神淡路大震災15年特集ドラマ「その街のこども」 http://ow.ly/XvGE 彼らが行き帰りに通ったアーケードは水道筋商店街の東側入り口のへんだと思う。すぐ東に川のシーンの都賀川。 Googleマップ→ http://ow.ly/XvIF #19950117
  • 11:51  「その街のこども」サトエリの祖母の家は御影の上のほう(神戸は北の山側を上、南の海側を下という)、例えば渦森なら Google マップ http://ow.ly/XvSo 8.5km。もっと寄り道してるから徒歩片道約2時間強、確かに夜中から往復すればぎりぎり5時46分になる
無理に結論を出していないのも良かった。
錆び付いた神戸弁がほぐれていく。
  • 19:22  昨日放送のNHKドラマ「その街のこども」のことばかり書いてしまうけど…「森山未來と佐藤江梨子の関西弁(神戸弁)が今ひとつ下手だった」(だからドラマの評価も今ひとつ)という感想を時々見かけるんだけど、あれは完全に演出だと思う。演出の意図をくんでほしいなあと思うのよ…
  • 19:25  「その街のこども」の森山未來・佐藤江梨子の使っていた「神戸弁」について。彼らは設定では子供の頃に神戸を離れて東京に行き、あちらでは神戸弁を使わず東京弁(標準語)使っている。なのに神戸に帰ったら神戸弁が自然に出た。でも普段使ってないから錆び付いている。という設定なんじゃないないかな
  • 19:27  「その街のこども」。森山未來、サトエリの役の「神戸弁」。相手も神戸弁を使う。だんだん言葉がほぐれてきて、神戸弁が「流暢」になる。でも単語などは(特に大人になってから覚えた言葉)は標準語アクセントのままだったりする。ネイティブだけど最近使ってないし言葉が混じっちゃってるだよねきっと
  • 19:30  私も普段は神奈川県暮らしで、神戸弁は標準語アクセントの相手には出せないし相手にも滅多に神戸出身とか気づかれない。ただ親しくなったり少し深い話をすると関西弁アクセントになって、うんと親しくなると関西弁が混じる。でも神戸弁(とう、よう、など)はほんとに神戸の子相手じゃないと出せない
  • 19:33  @Ooh1024 あとから書いてますが、そう、二人は今は「地元」の人間ではなく「地元を離れてしまった人間」なんです。だから神戸弁が錆び付いていて下手になってるんです。という設定。ちなみにサトエリのことはあまり知らないのですが、森山未來くんはインタビュー等では関西弁は非常に流暢です  [in reply to Ooh1024]
  • 19:37  .@Ooh1024 そうですね。それとあのドラマの台詞、二人がしゃべっていたことがを脚本の中に盛り込まれたようですし。そういうこと予告編の中で森山くんが言ってました。→リエゾン被災人 http://ow.ly/XD9a
  • 19:38  同じくです。RT @dasadasa23: @snowystreet 僕も友達から関西弁でないねっていわれるけど、神戸人相手じゃないと、言葉がもとに戻らない。QT @snowystreet: でも神戸弁(とう、よう、など)はほんとに神戸の子相手じゃないと出せない
  • 19:40  「その街のこども」予告編4分30秒版 これ見ただけでドラマのこと思い出して号泣したくなるっす。あとやはり音楽が素晴らしい……→リエゾン被災人 http://ow.ly/XDew
  • 19:41  ですよね!あれ的確な演出RT @ao2yo2: @10年以上も離れていて、神戸弁が帰郷と同時に流暢になどありえないですね、私も上京した最初の夏休みに帰郷した時(実質半年も離れてない)意識して神戸弁を使ったつもりでも長年の友人に「なんやそのしゃべりかた、キモイな」と言われましたw
  • 19:46  「その街のこども」。あと、森山未來・佐藤江梨子が演じた二人「東灘」と「灘」出身の設定(実際の二人は東灘の子…かな)。あの地域はべたべたな神戸弁?とう、よう、敬語に「〜しとってや」を使うのではなく、大阪弁に近い摂津ことば─敬語は「〜してはる」。それにも忠実な演出だったんじゃないかな
  • 19:50  それもあるかもですね。あと東灘なら元々あまりべたべたな関西アクセントじゃなくて標準語アクセントまじえる地域でもあるしRT @solo_guitar: まだ予告編しか見てないんだけど、特に違和感はなかったです。最近の小中学生とか、地元生まれ地元育ちでも標準語寄りだったりしますもん。
  • 19:52  あー、彼らの変化を知りたいですね。自分でも考えると思う。それは自分自身の変化かもしれませんRT @dasadasa23: 普段ドラマ見ないけど、久々の傑作でした。『北の国から』みたいに、5年ごとに2人のこれから追って欲しいという気持ちもあります。(難しいなと思うけど)
  • 20:10  あ、なるほど…私自身はやっと今年強く意識しましたが確かに。RT @dasadasa23: 多分、次の課題は、子供世代に、地震をどう伝えるかだから。RT @snowystreet: あー、彼らの変化を知りたいですね。自分でも考えると思う。それは自分自身の変化かもしれません

2010年5月5日 再放送時のツイートから

street/status/13394948517:title=09:52]  本日16:45〜NHK総合テレビ・全国放送で、阪神・淡路大震災15年特集ドラマ「その街のこども」再々放送。主演・森山未來・佐藤江梨子、脚本・渡辺あや(『ジョゼと虎と魚たち』『天然コケッコー』)、震災後に神戸を離れたこどもたちが若者になって街を訪問するお話です。 #19950117

  • 09:56  ドラマ「その街のこども」(NHK、16:45〜)は揺れの再現シーンは一切無く、すべて震災後の今の話のみです。こどもだった若者たちがどういう感情を押し込めていたかを描き出し、しかし過剰に流れない。ロードムービーのようでもある。傑作だと思ってます。ぜひどうぞ。音楽は大友良英。
  • 09:59  阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」 http://bit.ly/bPfw2h 「その街のこども」予告編4分30秒版 http://bit.ly/9P0yOo
  • 10:08  @tennkoto 再放送、わたしも勝手にうれしくなってます!神戸や震災抜きにしても好きで傑作だと思ってるドラマが評価されてるのはドラマ好きとしても非常にうれしい。  [in reply to tennkoto]
  • 16:42  再掲。ドラマ「その街のこども」(NHK、16:45〜)は揺れの再現シーンは一切無く、すべて震災後の今の話のみです。こどもだった若者たちがどういう感情を押し込めていたかを描き出し、しかし過剰に流れない。ロードムービーのようでもある。傑作だと思ってます。ぜひどうぞ。音楽は大友良英。
  • 17:28  ドラマ「その街のこども」、すごいのは久々に神戸に戻ってきて使わないから錆び付いてぎこちなくなっている関西弁(神戸弁)が、二人で神戸弁の会話をかわしているうちに次第にほぐれ、ナチュラルな神戸弁に戻っていくところ。ドラマ初盤の下手な関西弁は、そういう変化を見せるための序章。 #nhk
  • 17:56  その街のこどもでいちばん好きなシーン!RT @dgc2007: この二人で走るシーンが最高 日常にどこでもある風景がこれほど美しく撮れるとは そこに音楽が調和して気分を高揚させてくれる #nhk
  • 19:03  @suidou_suji 今は神奈川県在住ですが子供の頃は水道筋の近所に住んでいましたし学生時代も飲みや友人宅を訪ねてよく通っていました。「その街のこども」で拝見できてうれしかったです  [in reply to suidou_suji]