Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2011-02-13

Sun, Feb 13 Twitter投稿

01:31 | Sun, Feb 13 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - Sun, Feb 13 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 01:48  まとめブログ: Sat, Feb 12 Twitter投稿 http://bit.ly/gxRoPL
  • 07:10  むむ、家並みの屋根や地面がうっすら白い。夜中、雪になってたのか。
  • 09:48  快晴だけど寒いです! / 東京都写真美術館にイマココ! http://htn.to/FzGE25
  • 14:47  展示の見学は無料、ヱビスビールが飲めるちょっとしたコーナーと、有料の試飲付きツアーもあった。私はショップでヱビスビールグッズをお土産に購入。 / ヱビスビール記念館にイマココ! http://htn.to/J7AZLM
  • 15:03  「その街のこども 劇場版」を写美で観た。昨年1.17放送のNHKドラマでは75分枠だが映画本編は83分で、冒頭地震直後の壊れた街、被災した子どもが描いた絵、ところどころに二人の「間」や説明的なシーンが追加してあり、ドラマ時より流れが分かりやすくなっている #sonomachi
  • 15:09  「その街のこども 劇場版」。私も神戸育ちで神戸で地震に被災したので、映画冒頭地震直後の街の映像は当時の衝撃(自分たちの街が壊れた!)がよみがえり、それこそ「トラウマ地帯」(森山未來の台詞)で辛かった。体がかたくなる #sonomachi
  • 15:17  「その街のこども 劇場版」は映画冒頭で強制的に呼び起こされた震災時のかたく強ばった心を、登場人物二人と共にほぐしていく、という、被災そのときからの追体験ムービー。前提を共有し、被災後の「今」から始まっていたドラマとの大きな、決定的な違い。 #sonomachi
  • 15:27  「その街のこども 劇場版」。テレビ画面から映画のスクリーンになることで際立ったのは、ロードムービーとしての美しさと、神戸のまちなかで聞こえる様々な音の立体感。劇場で観る価値がある。 #sonomachi
  • 15:28  「その街のこども 劇場版」。街中のあかり、神戸の高台からの夜景、暗い大阪湾の向こうにも紀伊半島のあかりが見える、高架下のまるで地震のような凄まじい電車の音、夜中にも響く「ゴオー」という都会特有の低い騒音(主に車の走行音)、六甲山からごうごうと吹きおりる冬の風 #sonomachi
  • 16:10  「その街のこども 劇場版」、泣けたポイントや見終わったあとの全体的な感想はドラマとあまり変わらない。ただ、劇場版のほうが分かりやすく、そして、映像や音からの刺激がテレビよりスクリーンが大きいぶん、気持ちが増幅されたように思う。 #sonomachi
  • 16:14  「その街のこども」劇場版。劇のピークは美夏が震災で亡くなった友人「ゆっち」の父のマンションを訪ね、ゆっちの写真をもらった様子、そしてベランダで手を振る「おっちゃん」に公園で振り向いて手を振りかえすところ。その後、水道筋を笑いながら一気に前へ駆けだすところ。 #sonomachi
  • 16:22  「その街のこども 劇場版」。忘れたい酷い経験からの自分の変化もきちんと考える、つらくなったらみんなで工夫してみんなでやりすごす。でも、人はみな経験も思いも違う。だから、それぞれのペースで、という「メッセージ」はとても大切なものであり、受けとめたい。一方で、 #sonomachi
  • 16:27  「その街のこども 劇場版」。一方で、登場人物二人の喪失感、理不尽な天災への怒り、無力な子どもだったという無念さが強烈だ。特に森山未來の演技……たとえば誰もいない夜の公園での素振り、小石を投げつづける姿。震災で壊された人間関係で、少年野球も全うできなかった。 #sonomachi
  • 16:31  「その街のこども 劇場版」。彼らの喪失感は、実際の「喪失」なのだ。失われたものはあまりに大きい。取り返しがつかない。ほんとは地震なんか起こらなければよかったんだよ。見終わって改めて怒りがつのる。あてどない怒りが。 #sonomachi
  • 16:42  「その街のこども 劇場版」。そんなわけで、地震直後の映像が入っていない、被災後の「今」から始まっていたドラマ版は被災者に寄り添った優しい慰めと励ましになっていたと思うし、辛い思いを抱えている被災者の方々に見てもらえたらなあ、と思えたのだが、 #sonomachi
  • 16:48  「その街のこども劇場版」は「被災そのときからの追体験ムービー」になり、ドラマでの被災者に対する慰撫の性質は損なわれて被災者の中には観るに耐えない向きも増えたはずだ。そのかわり、被災体験のない人々に訴求する普遍性を獲得している。より多くの人のための映画になった #sonomachi
  • 16:56  @sonomachi_movie 「その街のこども 劇場版」、やっと観に行けました。映像と音の美しさ、立体感。震災後に神戸を離れ今は神奈川に住んでいるのですが、あー神戸の音だ、と、懐かしくなりました。ドラマから映画へ、本当に素晴らしい作品をありがとうございます。  [in reply to sonomachi_movie]
  • 17:38  Togetter - 「けっこう街をぶらついてる動物たち」 http://htn.to/2DVzH1
  • 18:05  @kobe_minokasago 「その街のこども」劇場版はかなりヘビーでしたね。あえていえば、被災者以外のための部分が多すぎる。それは被災していない人々には説明として必要だったのかもしれませんが、私もいきなりこの劇場版だったらショックうけたと思います。  [in reply to kobe_minokasago]
  • 18:13  ドラマ版では被災者の心情を繊細に配慮、地震の場面はなし、直接の人間的な被災の詳細は最低限に語られ、または語られもせず、だったので、それらを加えてきた劇場版と衝撃がだいぶん違いました。 RT 私: @kobe_minokasago 「その街のこども」劇場版はかなりヘビーでしたね//
  • 18:31  @kobe_minokasago 私はドラマ版はいろんな方々に広く見てみてほしいとほんと思いました。自分もこんな感じやねん、と薦めまくりました。でも劇場版は生傷を刺激されすぎて見ていてほんとに硬直したので、他所の人にはいいかもしれんけど、被災者の人には、よー薦められません。。。  [in reply to kobe_minokasago]
  • 18:41  「その街のこども」脚本の渡辺あやさんが舞台挨拶で、勇治が一緒に東遊園地に入らなかったのはそこで入ると二人のハッピーエンドで二人で閉じて話が完結してしまうから。二人がそのまま別れるから、簡単には解決しないことなんだと、話は終わらず皆に開かれると @kobe_minokasago
  • 18:43  @kobe_minokasago そうですね。「その街のこども」は「未來は今」があってこそで、繋がっていると思います。そして「答え」は有無も含めて私もまだよくわかりません  [in reply to kobe_minokasago]
  • 18:50  @okbc99 うわあ、おめでとうございます!  [in reply to okbc99]
  • 18:56  @okbc99 "応募総数696件の名前【ニックネーム】の中から厳選な選考の結果、こちらに決定しました! 『オーシャンスクリーン』"←オーシャン…に投じられたお一人というわけですね……?  [in reply to okbc99]
  • 21:59  ヱビスビール記念館こぎれいだったなー。外国人観光客も多かった。

Powered by twtr2src