Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2010-07-10

Sat, Jul 10 Twitter投稿

01:43 | Sat, Jul 10 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - Sat, Jul 10 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 00:58  ヴァシリ・ペトローヴィチ・オフチニコフのおとうさんはピョートル・(父称不明?)・オフチニコフでいいのかな……。お兄ちゃんはアレクサンドル・ペトローヴィチ・オフチニコフ、で、おかあさんの名前が探せない。。
  • 01:07  ミノタウロスの主人公ヴァシリの故郷ミハイロフカは南ウクライナ、キロヴォフラード州。作中エリザヴェトグラドは後に何度か改称、キロヴォグラード(ロシア語)→キロヴォフラード(ウクライナ語)に。草原の訛り、の地域。このへんか Googleマップ http://bit.ly/ajj1dS
  • 01:16  @snowystreet あ、でもミノタウたんの主人公ヴァシリやその周りの人間…農場主の第二世代たちは訛りは「欠片ほどもな」かった。「そもそも土地の人間ではなかったからだ」。p.22  [in reply to snowystreet]
  • 01:28  昨日書いたメモアプリSimpleNoteをMac OS Xで便利に使うための「JustNotes」(cf. http://bit.ly/5hTmh3 )は実際はこういう感じに半透明なので、圧迫感がないです。
  • 01:31  dameda おふろはいってネル
  • 13:29  海の色、美しいなあ RT @1000bero: 旧式ディーゼル特急はまかぜ号で渡る、現「餘部鉄橋」最後の週末。
  • 13:32  智頭線ができるまでは神戸〜鳥取の行き来に、餘部鉄橋(余部、あまるべ)、通ってました。
  • 13:37  行ったことないけど、良いんだろうな… / 高野山にミシュラン「三つ星」効果 「神秘的」とフランス人に爆発的人気 (1/2) : J-CASTニュース http://htn.to/rp68D9
  • 13:38  比叡山には行ってみたい。いつか絶対に行く。
  • 13:41  永平寺には学生の頃行って、杉のあまりの大きさと建物の清潔さに圧倒された。
  • 13:54  @fmht7 行ってみたいなあ…  [in reply to fmht7]
  • 13:58  佐藤亜紀『ミノタウロス』ぽちっとな。買うの3冊目になるけど自分にとっては2冊目が貴重品だったのにボロくなりつつあるのに気付いたため。
  • 14:06  佐藤亜紀『ミノタウロス』この一冊で学部の卒業論文書けると思う。もちろん卒論に限らなくていいけど、人生をかけて読みに取り組むに値する。
  • 14:08  …とかものすごい気恥ずかしいこと書いてしまったけど、これから一年かもっとかけて私は『ミノタウロス』読解することにしました。と、宣言しておく。
  • 14:43  @AmaniNao 私の照れくさ気概をすくいとってくださってありがとうございます。小説を精読しようと少し試みただけで汲めどもつきぬ泉で。(^^ゞ わくわくします  [in reply to AmaniNao]
  • 15:27  久々に朝から晴れて窓あげて扇風機。気温27度、南西からね風が爽やか〜。こういう日には白ワインかっくらいたいが我慢してる
  • 16:07  探偵ナイトスクープの録画で、国際子ども図書館 http://bit.ly/ax0WBQ にて「犬と男の子 犬の名前がおっちょこちょい」の手がかりから灰谷健次郎の『いえでぼうや』を探し出す調査見た。依頼者は感動の涙。良かったね。図書館のレファレンスだとこういうこと出来る、という見本
  • 20:00  テレビの音がうるさい。考えがまとまらない。1時間でいいから静かなまとまった時間がほすぃ。。。
  • 20:07  @psgaba さっそくとりあえず音の小さくなる耳栓してみました。ましになりました。  [in reply to psgaba]
  • 20:09  素晴らしい曲ですよね。RT @tommig0715: 赤毛のアン、「きこえるかしら」延々とリピート再生中。これがアニメの主題歌だっただなんて、贅沢な時代だった。
  • 20:25  読書メーター、短いながらもポイントをとらえてる感想多いな。→「ミノタウロス」 http://book.akahoshitakuya.com/b/4062140586
  • 20:28  ミノタウたん、「彼の家族構成や時代背景なんか彼の罪深さからいうと無意味だ」http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6611400 っていう感想があって、そうだなあと思いつつ、私はそれでも気になってしまう。
  • 20:57  記事のありかを探しつつ(掲載位置が激しく変わる)いつも読んでます。これからもガンバッテクダサイ。RT @asahi_media: 5000人の方、ありがとうございます。!!! 流浪の連載「メディア激変」、今後も激しく続けて行きます! http://bit.ly/bvKmzF
  • 20:58  耳栓今外したら冷却ファンが爆音で回ってた。やっぱ暑いんだな。で、そろそろ晩ご飯にせねば……。
  • 21:20  村上春樹はヴォネガット、英語で読んでますよね。RT @stranglenarita: 村上春樹が世に出たとき、ヴォネガットの文体の真似じゃんみたいなこともいわれたけど、それをいうなら、浅倉久志が村上春樹を産んだという仮説は成り立たないか。
  • 21:21  『考える人』7月号インタビューでも高校時代からサリンジャーの後に英語で読んだと語ってる RT @stranglenarita: 村上春樹が世に出たとき、ヴォネガットの文体の真似じゃんみたいなこともいわれたけど、それをいうなら、浅倉久志が村上春樹を産んだという仮説は成り立たないか。
  • 22:09  村上春樹が自分の文体の叩き台として柴田元幸共著『翻訳夜話』で英文の文章とし、さらにp.220で「ヴォネガットの訳は飛田茂雄さんとか」。直後に柴田が「浅倉久志さんとかね。」と言い「うん」と受けて叩き台の話をさらに続けています @stranglenarita
  • 23:10  @keichamp わあ、世間は狭い!一挙にどこか近しく思えてしまう不思議…  [in reply to keichamp]
  • 23:23  Togetter - まとめ「翻訳小説の魅力と新規読者のハードルについて考える」 http://htn.to/uxonYS

Powered by twtr2src