Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2010-06-24

Thu, Jun 24 Twitter投稿

01:44 | Thu, Jun 24 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - Thu, Jun 24 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 00:06  Mother見終わった静かな興奮でまだ心がふるえてる。でも私は続編やスペシャルはもういらないかな。作品の主題に絞ってきちんと美しくドラマ締めくくってると思う。その余韻を噛み締めながらこの素晴らしいドラマの素晴らしい最終回をことほぎたい
  • 00:08  この、田中裕子さんの華菜の台詞はずっと覚えていたい。RT @TazuyaH: 一つ一つの言葉が素敵なドラマでしたね。すきなものノートとか。「走馬灯ってあるでしょ。今から楽しみなの。素敵なお芝居のチケットを持ってるみたいにね。」 #mother
  • 00:12  つぐみは奈緒の、奈緒は華菜の髪型に、… RT @JP8K: 「大人になったらお母さんと同じ髪にするの」っていうつぐみの言葉もちゃんとラストシーンでちゃんと盛り込まれていたんだね。ラストシーン、微妙っていう人もいるけど、あれは神だよ。#tsugumi #mother
  • 00:45  兵庫県の子でご両親とは関西弁で話してるのに新幹線の新横浜あたりで標準語に切り替わると新聞に。RT @nijimu: //RT @yukikonosu: 「Mother」というドラマで主役をやっている芦田愛菜ちゃんは天才子役らしい。こんど見てみよう。
  • 00:55  秋の気配 RT @guitrism: やさしさにさようなら RT @yasutaneoka: 風に吹かれてRT @dobutas: 真夜中のTL点呼!オフコース好きな人はいますか?お気に入りの一曲を教えてください!
  • 10:10  ぎゃー、Motherの田中裕子さんの役名、昨晩は漢字間違えて打ってた。正しくは望月葉菜
  • 10:19  そうです、芦田愛菜ちゃん。番宣で放送したロケの様子でも普段のしゃべり方は元気な女の子風にハキハキしてたのに演技に入ったとたん「健気に元気なふりをしている」雰囲気に! RT @yukikonosu: ふだんは関西弁なのに新幹線の中でドラマの標準語に切り替わるということですね//
  • 12:14  昨晩書いたように、佐藤亜紀『ミノタウロス』の(翻訳小説にも通じる)形式を考えるうえでは間接話法、体験話法、自由間接話法…といった話法の駆使は当然把握しておくべき点だと思う。が、論じたり説明したりするにはいかんせんヨーロッパ文学に対する私の基礎知識が足りない……。
  • 12:15  つまり読めてない95%のヒトなのだ orz
  • 12:19  私も会話を記す時に間接話法(的なもの)をわりと使うのだけれど、これは主にはたぶん谷崎潤一郎の影響受けている。cf.『細雪』後半など。他にも、何人かの作家から。
  • 12:39  夏目漱石も自由間接話法を多用している。また、『文学論』の中でジェーン・オースティンを論じたりも(絶賛)。
  • 12:41  @m_kashiwagi ありがとうございます。。全然、そんなではありません…古めの作品が中心ですし。  [in reply to m_kashiwagi]
  • 12:50  近代デジタルライブラリー | 国立国会図書館 http://bit.ly/a27Dgx 夏目漱石 文学論 で検索すると書誌情報が出てきて本文が読める。
  • 13:05  ソルジェニーツィンの語りのスタイルとドストエフスキーのポチチカ(詩学) http://bit.ly/9ZEwT4 木下豊房ネット論集 『ドストエフスキーの世界』 http://bit.ly/9ZaTDT より
  • 13:07  あと、ナボコフの文体とか。間接話法・自由間接話法に着目しつつ。を確認すべきなんだろうけど、してない駄目な私 orz
  • 13:23  『文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの』 http://amzn.to/a0PsmQ イースター島やマヤ文明など過去に繁栄した文明、社会がなぜ崩壊したのか。盛衰のサイクル、要因を実例から考える。RT @MasashiNaka43: 最近読んだ中でオススメの本はナンですかぁ?
  • 13:30  @madamebvc @yukikonosu 横入り失礼します。田中裕子演じる葉菜の刑期は15年で、実際には12年で出た、といった台詞がありました。さらに、飲んで暴力をふるう夫放火殺人、実はさらにひとひねりが、というのが昨日の最終回で、私、滂沱の涙でした。。  [in reply to madamebvc]
  • 13:37  @nijimu @yukikonosu 映画「告白」の愛菜ちゃんはMotherに比べると出番もしゃべる台詞も圧倒的に少ないのですが、とにかく華奢でピュアで活発な愛くるしい女の子役で(だからMotherでの彼女とは雰囲気が違う)、かわいそうでたまらなくなります  [in reply to nijimu]
  • 14:33  賢治の短編「猫」 http://bit.ly/c8bNjk 中に 「私は猫は大嫌ひです」なる一節がある。1919または20年24歳の悶々としていた時期年RT @tamanoirorg: 宮沢賢治のお話に出て来る生き物は大抵叡知の生き物なのに、猫だけ人間並みに愚劣なのは何故だろう。
  • 14:39  また、賢治実弟の清六氏は、生前の賢治は猫をあまり好きではなかった、と、映画化された『銀河鉄道の夜』で主人公が猫の姿であることに難色を示した。RT @tamanoirorg: 宮沢賢治のお話に出て来る生き物は大抵叡知の生き物なのに、猫だけ人間並みに愚劣なのは何故だろう。
  • 14:44  これらをもって、「賢治は猫嫌い」だから猫に対してこうなのだ、と言う説もポピュラーだけど、もちろんそう単純じゃない、って考えてる人も多い。私も違うと思う。RT @tamanoirorg: 宮沢賢治のお話に出て来る生き物は大抵叡知の生き物なのに、猫だけ人間並みに愚劣なのは何故だろう。
  • 14:48  「愚劣」な猫だけじゃない、健気な猫、恐ろしい猫、不気味な猫…。また、賢治は「猫」と「山猫」を使い分けてる。RT @tamanoirorg: 宮沢賢治のお話に出て来る生き物は大抵叡知の生き物なのに、猫だけ人間並みに愚劣なのは何故だろう。
  • 14:57  粗雑に書いてしまえば、宮沢賢治にとっての猫は人間に近い複雑なもの、空洞を抱えているものであり、時には自分や親、人間を猫に仮託し、または自然のなかで生きる山猫になぞらえる。人間の争いの小ささ、自然の脅威や人間界を超えた世界かの大きさとそこでふるわれる力を猫・山猫が表象しもする。
  • 15:02  わぁ、なんなんだ、これは。RT @sirop: みんなが「iPhone 4のディスプレイに黄色いシミみたいなものがぁ!><」って口々に言っているのってこれのことか・・・ #iPhone4jp re: http://ff.im/mCeRW
  • 15:09  今、Mac使えないのでHootsuite日本語版はまた後日つかう。。のためにメモメモ。
  • 15:18  これ観にいきたいな…→asahi.com(朝日新聞社):妻の死問う作品に終止符 写真家・古屋誠一2カ所で個展 - 文化トピックス - 文化 http://bit.ly/aIKFSI
  • 15:20  古屋誠一 メモワール. 「愛の復讐、共に離れて…」〜7/19 東京都写真美術館 http://goo.gl/CmUO
  • 16:01  そういえば、宮沢賢治bot。詩集「春と修羅」より。RT @MiyazawaKenji: dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah 風の又三郎botもある。 @matasabu_2
  • 17:07  @kobe1960 iPad、パソコンや携帯に詳しくない60歳以上の人たちに渡して、ほぼ説明なし、何のアイコンか説明しただけで音楽や電子書籍、新聞アプリを楽しむまでいけました。PC使える人は「〜ができない」といった不満等あるだろうけど、直感的に手で操作できるのはストレスレスで楽  [in reply to kobe1960]
  • 17:10  @kobe1960 ただ、Safariなどのブラウジングはパソコン初心者にはちょっと説明いりそうですね。無線LAN接続や欲しいアプリ、音楽入れるなどのセットアップもしてあげたほうがいいかなと。  [in reply to kobe1960]
  • 17:16  @kobe1960 とかいいつつ、iPad、現段階では欲しがっているシニアにはおすすめですしプレゼントにもいいなーと、しかしあまり興味ないシニアにはもうちょっと扱いやすく改良されるだろう時までは私はおすすめしないかな。少し重いし、落とすと壊れるし、少なくとも最初は母艦が必要ですし  [in reply to kobe1960]
  • 17:21  @kobe1960 60〜70歳の男女数名です。ま、まだお若いわけですが、80歳の人でも楽しんでるっていう報告チラホラ見かけますし、個人的には普通の携帯(といっても大した使い方してないけど)と比べると圧倒的にiPadがらく。  [in reply to kobe1960]
  • 17:48  賢治が描いた猫の顔 http://bit.ly/99luu0 『宮沢賢治万華鏡』によれば詩稿用紙のオモテに毛筆とブルーブラックインクで重ね描きRT @tamanoirorg: 嫌いだった、というのは何度聞いても意外な感じがする。絵にも描いてるし、何より人間の投影度が半端じゃないし
  • 17:52  もひとつ、以前ツイッターで騒然となった、賢治の猫やらミミズクやらの絵。RT @chikumashobo: 宮澤賢治作。衝撃の猫画像。ちくま学芸文庫の編集長が見つけてきてくれました。(み)http://bit.ly/buqqAa #nekohondana
  • 18:08  賢治の実家は花巻で質屋と古着商を営む商家。困窮した農民を相手の商売で自分たちは裕福な有力者で。賢治はそれを苦痛に思い嫌ってたんですね。で、学校卒業後、頓狂な事業にいろいろ手を出すRT @tamanoirorg: //何か非常に屈折したものがあるのではなかろうか。@tamatowa
  • 18:10  また、賢治が「私は猫が大嫌ひ」と書いた短編「猫」 http://bit.ly/c8bNjk は長男の彼が生業を継ぐよう父から強制され意気消沈、国柱会に傾注しあげく家出して上京した頃と重なります。RT @tamanoirorg: //何か非常に屈折したものがRT @tamatowa
  • 18:16  推測だけど、質屋・古着商ならネズミ除けの猫を飼っていただろうし、帳場に薄暗く座っていた賢治や父の姿を猫になぞらえていたんじゃないかなあ、と思う。"(どう考へても私は猫は厭ですよ。)"→宮沢賢治 猫 http://bit.ly/c8bNjk
  • 18:25  @yukikonosu そういうことだと思います>仄めかし。それで葉菜と奈緒の逃亡中、葉菜は忘れるよう奈緒に言い聞かせていて、やがて、奈緒は本当に忘れたんだと。奈緒が幼少時代の母の顔を思い出したシーンを観ていて、放火もいつか思い出す日はくるのかな…と少しひやりとしました  [in reply to yukikonosu]
  • 20:11  曇りのち晴れ: http://bit.ly/ce7aOB
  • 21:08  @aadd9 青山さんの奥様です。ピアニスト、編曲者  [in reply to aadd9]
  • 21:11  @aadd9 リプライ遅れすぎだけど、お疲れ様でした、内々定おめでとうございます!  [in reply to aadd9]
  • 21:43  @cnomiya2009 ぜひものですよぉ>文明崩壊。ニュースも小説や漫画も、また違う感じで読めるかも。しかし人様にいきなり聞かれてもお薦め本は相手の読書の好みによってほんとは違うわけで困るっ  [in reply to cnomiya2009]
  • 21:56  @metidocatedgoo 精読は普通の読書ではなかなか出来ませんというかしませんよね…。ただまあ、なんとなくでも何の形式、技法が使われてるかは感じておきたいなあとは思ってますが私はデキテナイ  [in reply to metidocatedgoo]
  • 22:14  単行本でなぜか読みそびれていたので遅ればせながらげっと。小林秀雄賞受賞作。→斎藤 美奈子 (文庫 - Dec 10, 2007) の '文章読本さん江 (ちくま文庫)' を Amazon でチェック! http://amzn.to/cLWDQf
  • 22:20  "書店員に聞く 文章を磨く本"。『文章読本さん江』も紹介されている。→【レビュー・書評】井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 [編]井上ひさしほか文学の蔵 - 再読 こんな時 こんな本 - BOOK:asahi.com(朝日新聞社) http://goo.gl/nN9f
  • 22:24  スナナレは録画で、とりあえずこれから仮眠の準備をば。起きられるか自信なし。

Powered by twtr2src