Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2010-05-14

マンドリン関連ツイート

| 17:27 | マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 00:01  そういえば、今いわゆる「マンドリンオリジナル」として演奏されている19世紀末〜20世紀初頭のイタリア作曲家の曲の中には元が吹奏楽の曲もけっこうある。マンドリン界では有名な名曲「華燭の祭典」などでお馴染みのマネンテは軍楽隊の隊長をしていたり(中野二郎氏がマンドリン合奏用に編曲)。
  • 00:06  で、2007年春、その「華燭の祭典」などの現在はマンドリンオリジナルとして有名だが本来はイタリア吹奏楽の作品─それらは諸事情で現在は吹奏楽からは忘れられている曲がほとんどだ─をプロの吹奏楽団である大阪市音楽団に演奏してもらうコンサート「『響』の源流を訪ねて」が開催されたのだった。
  • 00:09  私は幸いCDで聴くことが出来たのだが、「華燭の祭典」等々素晴らしかった。楽団も当時のイタリアで用いられていた楽器・編成で演奏してくださっていて、より柔らかな響き。→『響』の源流を訪ねて: 吉水 秀徳 マンドリン音楽の世界 http://bit.ly/cnDxBW
  • 00:14  @uenos 完全に暗譜できているわけじゃないのですけど(暗譜は苦手だし)、パストラルは演奏会として7,8回?くらい弾くことがあって、練習などでも弾きますよね、頭に刷り込まれてしまいました。。  [in reply to uenos]
  • 00:38  マスカーニ(1863〜1945)自身が指揮をした「カヴァレリア・ルスチカーナ」間奏曲。 http://bit.ly/aDEIPv こってりしてます。1940年、初演50周年記念演奏会、ミラノ・スカラ座。 ボッタキアリ(『交響的前奏曲』)はロッシーニ音楽院でマスカーニに師事。

  • 00:45  マスカーニの晩年は、第二次世界大戦でイタリア降伏後、ムッソリーニに荷担したとして財産没収され、1945年8月にローマのホテルで没(のちに名誉回復された)→ピエトロ・マスカーニ - Wikipedia http://bit.ly/ch6n8J
  • 12:42  ご参考。現在、「マンドリンオリジナル」として弾かれている戦前イタリアの吹奏楽曲をプロの吹奏楽団に演奏してもらった「『響』の源流を訪ねて」 http://bit.ly/auHzN6 について、大阪市音楽団のサイトの後記 http://bit.ly/9stpeW @kata1228
  • 12:46  "イタリアで20世紀初頭に出版された吹奏楽作品""どの作品も震えるほど美しく、最近の吹奏楽では味わえない超名曲揃い""アメリカ、ヨーロッパを中心とした近代吹奏楽の歴史において、イタリア吹奏楽だけエアーポケットにでも入っていたのでしょうか" http://bit.ly/98vcgA
  • 12:46  こういうifはないだろうけど、それでもやはり、イタリアが敗戦国でなく政治的にも混乱しなければ、ここまで第二次世界大戦前のマンドリン音楽やイタリア吹奏楽が忘れ去られたり資料が散逸したりすることはなかっただろうなーと思う。マンドリン音楽ももっと一般的になっていたかも。。
  • 13:15  中野先生はギターをよくご存じで上手かったと先生に直接指導を受けたマンドリン仲間から聞きました。だからこそギターが華麗で効果的なああいう編曲も可能なのかなと。華燭の3楽章も相当難関ですよねRT @kata1228: //マネンテ作曲中野二郎編曲のはGパート意外と難しいんですよね//
  • 18:55  19世紀末〜20世紀初頭のイタリア吹奏楽曲がマンドリンオーケストラ用に編曲されているのは故・中野二郎氏の寄与が大きく(続 RT @mimingaa: @snowystreet イタリアの吹奏楽曲はマンドリンオーケストラ用に編曲されているモノがたくさんあります。なぜか//
  • 18:57  中野二郎氏がイタリア吹奏楽曲の美しさに魅せられ、スコアを入手・編曲し、時には作曲者に自ら問い合わせたりしていました。晩年のマネンテとは親交があったそうです。RT @mimingaa: イタリアの吹奏楽曲はマンドリンオーケストラ用に編曲されているモノがたくさんあります。なぜか。//
  • 19:01  故・中野二郎氏によるマンドリン・ギター関係楽譜コレクションである「中野譜庫」(同志社大学図書館 http://bit.ly/ceBakL )にはマンドリン編曲前のオリジナルの吹奏楽譜も多数残されているそうです。 @mimingaa http://bit.ly/a8ye84
  • 19:06  「華燭の祭典」「祭」など現在はマンドリンオリジナルとして扱われる戦前イタリアの吹奏楽曲を大阪市音楽団に演奏してもらった「『響』の源流を訪ねて」 http://bit.ly/9stpeW も、中野譜庫に残されていた吹奏楽譜を利用したと聞いています。 @mimingaa
  • 19:10  マンドリン関連のツイートを、ひとまずブログにこんなふうにまとめていこうと思ってます(まだ数日分だけ…)。カテゴリー「マンドリン」→yukatti (snowystreet) on Twitter log - 文箱 http://bit.ly/cZ4MAu