Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2010-05-14

Fri, May 14 Twitter投稿

02:44 | Fri, May 14 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - Fri, May 14 Twitter投稿 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 01:03  今、PCにて花写真を投稿しました。「投稿データの花暦ページへの反映には1〜2日かかりますのでそれまでお待ちください」とのことRT @zoy3: 路傍の花の名前が知りたいことがよくあるので便利、携帯から使えるのは便利かも//「みんなの花図鑑」 http://minhana.com/
  • 01:07  花の名前をざっくり調べたいときには良くこのサイトを利用させてもらってます。その月に咲いている花や花の色、葉の形など様々な角度で調べられるので。→季節の花 300 http://bit.ly/9hgaSe
  • 01:27  @zoy3 視聴のお役に立てたのなら良かったです!あのシーンの前後は泣けますね(私は息が詰まるほど泣いてしまった)。まさに、人とふれあうことで思いや感情が動いたり、重荷を分かち合えたりすると思います。察することも大切な一歩でしょうし。私もわずかなりとも出来たら、と……。  [in reply to zoy3]
  • 01:36  神戸の実家だと地震・震災の話はタブーみたいになっていて、ちゃんと話せない。母がすごく動揺するし。同様に地元の友達ともそれぞれありすぎてお互いあまり話せない、でも同じ揺れを体験した、という感情はあったりもする。そして神戸を離れるとその共通体験もなかったりする。分かち合う相手がいない
  • 02:52  Thu, May 13 Twitter投稿: 00:13??クレジット確認。多謝ですRT @silver_tak: やはりこのプロローグにでてきたハイ・タワーは、アルトマン、グールドの『ロンググッド・バイ』と同じ場所だ... http://bit.ly/9ptVdS
  • 10:43  昨日の米子ぬこストーリーは劇的だった…RT @totoron3: @negita_yonago てなわけで思いついてから6時間、無事に東京へ連れ帰りました。とても元気です!皆様、ありがとうございました。
  • 10:53  コナリーはチャンドラーから強い影響を受けハリーはマーロウの継承者みたいなとこあるんですが、プロローグビデオにもクレジットで明記されてたんだ!とビックリでした RT @reepicheep75: 『長いお別れ』の映画化では、エリオット・グールドのマーロウがいちばん! #EchoPa
  • 10:55  ハッシュタグつけて再投稿。しかしTwitterが重い。
  • 10:58  ほんとそうです。RT @totoron3: 江川さんが言いたいこといってくれてるので RT @amneris84 それにしても、子猫捨てた人に怒!引き取り手が出て、死なせずに済んだと思って、安堵したら大間違い。いつかきっと天罰が下ると思いなされ!
  • 11:05  @totoron3 あっストーリーではなく現実ですよね、非常に強いインパクト受けました。生まれが鳥取なもので、鳥取の話題は少し縁があるような気がしてフォローしてるんですが、昨日も途中から知ってドキドキでした。ネギ太さんの配慮(マスコミに流さない)とかもいろいろ勉強になりました  [in reply to totoron3]
  • 11:08  なるほどです…RT @shundora: マーロウといえばマンのセンスの良さ、ロバートミッチャムの渋さも捨てがたい! @snowystreet: で、コナリーはチャンドラーから強い影響を受けていてハリーはマーロウの継承者みたいなとこある//
  • 11:10  @totoron3 そうか、そうですね。勉強になります。確かにニュアンスが伝わりにくいお話…。  [in reply to totoron3]
  • 11:14  なんというか、個人の範疇の好意や衝動(からの結果としての好意)にそれと知っててわざとのっかってくる、という話も、よく聞くし実際にあるもんな……。
  • 11:19  @negita_yonago まさかの距離ですしね。私は神奈川に住んでいて鳥取空港経由して倉吉にはたまに帰省するのですが、とっさにフットワークで行動しなきゃ、とかをはじめ、いろいろ考えさせられました。  [in reply to negita_yonago]
  • 12:53  谷亮子さんについてはわたし自身はこれとまったく同意見。RT @takapon_jp: つか、やってみないとわからんでしょ。だし、別に立候補するんだから能力ないと思えば選ばなければいいだけ。批判は筋違い
  • 12:59  いわゆる「タレント候補」を擁立する民主党ほか各党に対してどうして彼らを立候補させるのか、その擁立の姿勢を批判するのは分かるしよく考えるべきだと思う、けど、
  • 13:00  いわゆる「タレント候補」を大量に擁立する民主党ほか各党に対してどうして彼らを立候補させるのか、その擁立の姿勢を批判するのは分かるし、何を意味するのか私たちはよく考えるべきだと思う、けど、
  • 13:01  けど、彼女個人に対して立候補すること自体を批判を超えて過去の実績まで遡って叩く(たとえば産経抄 http://bit.ly/9VaojK のように)のはちょっと分からないというか筋違いだと思う。。
  • 13:07  "800MHz帯を割り当てられておらず、「少なくとも公平な競争環境にない」//「ハンデキャップがある分、新しい文明の利器や違う切り口で戦う」"→日本向けiPadはSIMロック版であることをソフトバンクの孫正義が明言 - GIGAZINE http://bit.ly/dnOALx
  • 13:08  @penguin_ichiro とほほ。。  [in reply to penguin_ichiro]
  • 13:24  今期随一のドラマだと思う。松雪泰子、田中裕子、高畑淳子→日本のドラマや映画たちを見つめてきた 日本放送映画藝術大賞 : 『Mother』 第5話 二人の母親の思いがぶつかる場面に涙が止まらない・・・そして、つぐみちゃんはどうなるのか?? http://bit.ly/cBORm3
  • 13:32  月々も安い。ドコモSIM利用も可能。→iPadに最適なSIMロックフリーのダイヤルアップルーター日本通信から登場か http://bit.ly/9GGcjm
  • 13:35  Libron(リブロン) - 図書館をもっと身近に "Libron は Amazon のページから最寄りの図書館の蔵書を検索できる便利なツールです" http://bit.ly/9frwpT
  • 13:40  FacebookとTwitterの過去と将来―宿命のライバルは衝突コースに入ったか? http://bit.ly/b9sYos
  • 14:59  @ishiharazavas でもまあ、なるほど、工夫するといろいろあるのですね〜。  [in reply to ishiharazavas]
  • 15:00  花の名前をざっくり調べるとき、「季節の花300」 http://www.hana300.com/ のほかこちらのサイトもよく使ってました。→植物園へようこそ! http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/
  • 15:07  @takuja 湊川、懐かしC(高校のころ少し遠回りしてよくその駅から乗ってましたし中学のときの塾通いとか中央図書館とかバイトとか。。)  [in reply to takuja]
  • 15:28  神戸のうまいもの話を読んでいると帰省したくなってきた。舌の記憶。。RT @kobe1960: 【神戸でなにを食べたらいい?by築地の人】ご意見お待ちしています!よろしくおねがいします!
  • 15:32  長らくあまり帰ってないし知識が古くなってるのだ(震災で亡くなったり移転したりもあるし)。。結構頻繁に通っていたのは、北長狭通(元町と三宮の間)の香港茶楼という飲茶の店。あっさりした味付けが多く、食が進んでも安心のお値段で、ご家族でやってたから気取りがなかった。大根もち♪
  • 15:33  香港茶楼 ホンコンチャロウ - 元町/飲茶・点心、広東料理 [食べログ] http://bit.ly/b8fDmO
  • 15:35  あと、神戸の実家はここにたまに行っては絶賛してる。わたしは数年前に一回行ったきりだけど確かにおいしかったな。。混んでて予約なかなかとれないらしい。→和楽 - 谷上/フレンチ、フランス料理 [食べログ] http://bit.ly/cBhheR
  • 15:38  デリーも良く行ってた。チキンサモサが癖になる。神戸在住インド人たちが家族連れで良く来ていた。派手さはないけど一品ずつしっかり作ってある。→デリー - 元町/インド料理、インドカレー [食べログ] http://bit.ly/akAEVp
  • 15:40  そうなんです。観光ルートから外れてて落ち着くRT @kobe1960: 「香港茶楼」飲茶で手軽で美味しいお店ですね!内装かえてからお気に入りの料理がメニューからなくなってたりしたので最近は行ってないですが//気軽で南京町から離れてて日祭日もすいてるから家族連れにはおすすめですね!
  • 15:48  高速神戸の駅出てすぐ、湊川神社の西門前にある「ふるもと珈琲店」。震災前はセンター街のナガサワの近くにあって、その頃通い詰めてた。豆を都度ひいてドリップで入れてその日の服装に合ったカップで出す。ケーキも素朴でおいしかった - [食べログ] http://bit.ly/a1GEan
  • 15:48  神戸「ふるもと珈琲店」: JAZZと映画・本 http://bit.ly/9v7OFu
  • 15:54  .@kobe1960 そうですね、神戸はフレンチと中華とインド料理…とかいろいろ考えちゃいます。個人的にはエスカルゴにも良く行ってました。あと、こどもの頃に洋食マナーを覚えるために連れて行ってもらってたのはイタリアンのベルゲンでした。今は閉店して、西明石に後継のお店があるのか…
  • 15:56  この方とたぶん私の舌は似てそうだ。。→ボクのパスタの原点がベルゲンだったことが証明されました☆ : ピッコロ ベルゲン [食べログ] http://bit.ly/92Fdk4
  • 15:57  お客さん連れてインド料理ならここかな……。→ゲイロード 三宮店 GayLoad - 旧居留地・大丸前/インド料理、インドカレー [食べログ] http://bit.ly/cFvemN
  • 16:04  で、夜中にPC版「みんなの花図鑑」の「花暦」に投稿したアヤメの写真、今見ると掲載されてました。写真投稿はリアルタイム反映じゃなかった。→アヤメの花壇 | 2010年5月14日の花 | 花暦 | みんなの花図鑑 -hanazukan- http://bit.ly/9EHTow
  • 16:15  15年前くらいアスファルトの下り坂で走ってて思いっきり転けてしまい右膝を強打、膝のお皿に小さなひび入れて腫れ上がり以降いまも左右の太ももの太さが違ってしまってるんで、転けて膝を打った人には同情する。松葉杖は私も無理せず使うべしだったな……。
  • 16:29  おいしそうですね。食べ物につられて、神戸に帰りたい。。RT @frswy: @kobe1960 突然失礼します。TLで見たので。予約が取れるならという条件で、和食だと「玄斎」http://bit.ly/bdtR01(の昼のおまかせ5千円)。
  • 16:32  "レイモンド・チャンドラーが創造したフィリップ・マーロウの系譜に連なる、汚れた街を行く孤高の騎士"→コナリー推進キャンペーン1 - rascal2009の日記 http://bit.ly/9xmDwZ #EchoPa (via @frswy)
  • 16:40  メモメモRT @frswy: 西欧料理なら、「カ・セント」(モダンスパニッシュ)http://casento.jp/と「レストロ・エスパス」(フレンチ)http://bit.ly/aRzwC2。以上三店は、拙宅が何度も行っており、行くたびに満足させられている、オススメ店です//

Powered by twtr2src

マンドリン関連ツイート

| 17:27 | マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - マンドリン関連ツイート - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 00:01  そういえば、今いわゆる「マンドリンオリジナル」として演奏されている19世紀末〜20世紀初頭のイタリア作曲家の曲の中には元が吹奏楽の曲もけっこうある。マンドリン界では有名な名曲「華燭の祭典」などでお馴染みのマネンテは軍楽隊の隊長をしていたり(中野二郎氏がマンドリン合奏用に編曲)。
  • 00:06  で、2007年春、その「華燭の祭典」などの現在はマンドリンオリジナルとして有名だが本来はイタリア吹奏楽の作品─それらは諸事情で現在は吹奏楽からは忘れられている曲がほとんどだ─をプロの吹奏楽団である大阪市音楽団に演奏してもらうコンサート「『響』の源流を訪ねて」が開催されたのだった。
  • 00:09  私は幸いCDで聴くことが出来たのだが、「華燭の祭典」等々素晴らしかった。楽団も当時のイタリアで用いられていた楽器・編成で演奏してくださっていて、より柔らかな響き。→『響』の源流を訪ねて: 吉水 秀徳 マンドリン音楽の世界 http://bit.ly/cnDxBW
  • 00:14  @uenos 完全に暗譜できているわけじゃないのですけど(暗譜は苦手だし)、パストラルは演奏会として7,8回?くらい弾くことがあって、練習などでも弾きますよね、頭に刷り込まれてしまいました。。  [in reply to uenos]
  • 00:38  マスカーニ(1863〜1945)自身が指揮をした「カヴァレリア・ルスチカーナ」間奏曲。 http://bit.ly/aDEIPv こってりしてます。1940年、初演50周年記念演奏会、ミラノ・スカラ座。 ボッタキアリ(『交響的前奏曲』)はロッシーニ音楽院でマスカーニに師事。

  • 00:45  マスカーニの晩年は、第二次世界大戦でイタリア降伏後、ムッソリーニに荷担したとして財産没収され、1945年8月にローマのホテルで没(のちに名誉回復された)→ピエトロ・マスカーニ - Wikipedia http://bit.ly/ch6n8J
  • 12:42  ご参考。現在、「マンドリンオリジナル」として弾かれている戦前イタリアの吹奏楽曲をプロの吹奏楽団に演奏してもらった「『響』の源流を訪ねて」 http://bit.ly/auHzN6 について、大阪市音楽団のサイトの後記 http://bit.ly/9stpeW @kata1228
  • 12:46  "イタリアで20世紀初頭に出版された吹奏楽作品""どの作品も震えるほど美しく、最近の吹奏楽では味わえない超名曲揃い""アメリカ、ヨーロッパを中心とした近代吹奏楽の歴史において、イタリア吹奏楽だけエアーポケットにでも入っていたのでしょうか" http://bit.ly/98vcgA
  • 12:46  こういうifはないだろうけど、それでもやはり、イタリアが敗戦国でなく政治的にも混乱しなければ、ここまで第二次世界大戦前のマンドリン音楽やイタリア吹奏楽が忘れ去られたり資料が散逸したりすることはなかっただろうなーと思う。マンドリン音楽ももっと一般的になっていたかも。。
  • 13:15  中野先生はギターをよくご存じで上手かったと先生に直接指導を受けたマンドリン仲間から聞きました。だからこそギターが華麗で効果的なああいう編曲も可能なのかなと。華燭の3楽章も相当難関ですよねRT @kata1228: //マネンテ作曲中野二郎編曲のはGパート意外と難しいんですよね//
  • 18:55  19世紀末〜20世紀初頭のイタリア吹奏楽曲がマンドリンオーケストラ用に編曲されているのは故・中野二郎氏の寄与が大きく(続 RT @mimingaa: @snowystreet イタリアの吹奏楽曲はマンドリンオーケストラ用に編曲されているモノがたくさんあります。なぜか//
  • 18:57  中野二郎氏がイタリア吹奏楽曲の美しさに魅せられ、スコアを入手・編曲し、時には作曲者に自ら問い合わせたりしていました。晩年のマネンテとは親交があったそうです。RT @mimingaa: イタリアの吹奏楽曲はマンドリンオーケストラ用に編曲されているモノがたくさんあります。なぜか。//
  • 19:01  故・中野二郎氏によるマンドリン・ギター関係楽譜コレクションである「中野譜庫」(同志社大学図書館 http://bit.ly/ceBakL )にはマンドリン編曲前のオリジナルの吹奏楽譜も多数残されているそうです。 @mimingaa http://bit.ly/a8ye84
  • 19:06  「華燭の祭典」「祭」など現在はマンドリンオリジナルとして扱われる戦前イタリアの吹奏楽曲を大阪市音楽団に演奏してもらった「『響』の源流を訪ねて」 http://bit.ly/9stpeW も、中野譜庫に残されていた吹奏楽譜を利用したと聞いています。 @mimingaa
  • 19:10  マンドリン関連のツイートを、ひとまずブログにこんなふうにまとめていこうと思ってます(まだ数日分だけ…)。カテゴリー「マンドリン」→yukatti (snowystreet) on Twitter log - 文箱 http://bit.ly/cZ4MAu