Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2010-02-04

Thu, Feb 04

Thu, Feb 04 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - Thu, Feb 04 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 00:04  わたしはもともと平熱高めで36.6度〜37度前半くらいなんで平熱が高いといろいろ消耗もする気はするんだけど(私はひとより疲れやすいほうだと思う。まあこれは体質や代謝の問題か)、んー、適度ならいいんだろうなあ。そのぶん熱になる栄養をきちんととったり気をつけなあかんのやろな。
  • 00:07  あっ、そうなんですか。くつしたはくのやめるのも鍛えるため…!?(今、わたし、あんまり寒いから履いてます)。ガッテンのサイト見てみます。RT @tamanoirorg: ためしてガッテンの方はプラスして、たんぱく質食べろ、冷気に曝して血管収縮の反応を鍛えろ、だった。
  • 00:08  同じ時間帯の番組でネタかぶってたんだなー(仰天ニュースは2時間スペシャルだった)→室内で凍死!?低体温が中高年を襲う : ためしてガッテン - NHK http://bit.ly/a1wcLO
  • 00:11  @silver_tak お久しぶりです。面白さを感じていただけて良かったです。ほっ。初老小説、というのはそうですね。ならではの心理がある。  [in reply to silver_tak]
  • 00:13  なんかすごい舞台裏…でも鏡花特集なんですね。楽しみ。RT @bessatsutaiyo: 鏡花の写真かと思ったら、違う人の写真だった!? おえーーっ。急遽さしかえ。別冊太陽『泉鏡花』(2月刊予定)の中扉、色校正で本日気づいたこと。それでも5日に校了……。
  • 00:17  @harumaki_r ベジタリアンが低体温になりやすい、というのは聞きます。動物性タンパク質をとるのは平熱をあげるのに重要なようですよね。わたしも高体温疲れやすい仲間(変な仲間…)なので一緒に気をつけましょう。。  [in reply to harumaki_r]
  • 00:26  @harumaki_r あ、わたしの書き方も変ですね。そうですよね、熱になる栄養(動物性タンパク質)が足りてないのかも?と=それで消耗する。。。野菜もお肉もお魚も要はバランス良くってことなんでしょうけど。  [in reply to harumaki_r]
  • 00:29  @shirokz あ、勝間さんのオーディオブックってそういうジャンル、本、だったんですね。英語の出来る友人によればコーンウェルの原文はわりにきちんとした英文(っていうのも変ですが)の文章らしいので、学習目的もありならそういった点も考慮点に入るのかも。。  [in reply to shirokz]
  • 00:33  「飛脚」という発想全くなかった、なるほど!RT @harumaki_r: 東京出身だけど気づかなかった...。むしろ真の江戸っ子(うちの両親)は、箱根=飛脚という発想で楽しんでる様子だけど、それはたぶんうちが異質的に例外。 RT @gasenetta @sdt 箱根駅伝って//
  • 00:38  @kobesea すみません、私の元ツイートは返信として思慮に欠けていました。「遠くの家族」としての立場もあるわけですよね…。そちらは少し措いておいて(ほんとはまたちゃんと考えるべき問題ですが) 続  [in reply to kobesea]
  • 00:40  @kobesea 「家族ではない絆」を結ぶには、という点で、作家の星野智幸さんのブログで「カギはやはり、「権力」と「プライド」をご破算にすること」 http://bit.ly/cjiwzL と述べられているのには同感です。個人的に、年配の方と関わることも多くてその点よく感じます  [in reply to kobesea]
  • 00:52  文体にひかれて、というの確かにありますね。変化もそうですね。RT @tennkoto: //わたしの場合、最初に読んだ「世界の終わりと〜」を超える作品は無いものの読み続けている作家ですね。文体自体が好きなんです。どんどん変化していってますけども。
  • 01:01  @silver_tak 残念ですね。ご遺族の意向として伏せられていたというのが少しショックなのですが、なんであれ、静かに追悼したいっす。。。  [in reply to silver_tak]
  • 01:07  『ノルウェイの森』装丁は春樹本人があれを主張したとのことですよねRT @silver_tak: //仕事上、内容よりも赤と緑の上下巻の装幀が気になった。発売当時デザイナーがあのデザインを提出したら、OKがでたかどうかが内輪で話題になった。緑色の本は売れないというジンクス?があ//
  • 01:13  村上春樹と言えば、はてなで以前、「村上モトクラシ」という企画やってました。ご参考。→人力検索はてな - motokurashiさんのプロフィール http://bit.ly/b0W16g 村上モトクラシとは - はてなキーワード http://bit.ly/bZlkYp
  • 01:19  「村上モトクラシ」では、たまに村上春樹本人からのメッセージがブログに載りました。ご参考。→Internet Archive Wayback Machine http://bit.ly/cbkbeG 村上モトクラシ大調査 http://bit.ly/aslzOH
  • 01:30  朝のTLで「文学(小説)に出てくる登場人物の名前が覚えられない」( http://bit.ly/bTiSu6http://bit.ly/cPvti8 など)といったやりとりを拝読して考えていたのは…(続
  • 01:33  村上春樹の小説の登場人物は記号めいた名前のほか変わった名前の登場人物も多いんですよね。あの『ダンス・ダンス・ダンス』なんか特にそうかも。「ユミヨシさん、朝だ」と僕は囁いた…とか。「五反田君」とか、ずっと忘れないでいる。ちなみに村上春樹はロシア文学もよく読んでいるようです。
  • 01:38  @EN11U お役に立てたなら良かったです。わたしは当時リアルタイムでモトクラシの更新楽しみにしていて、アンケートにも答えたりしてました。久々にアンケートを読み返すと設問結構シビアだったり(回答もなかなか率直な結果に…)面白いです。  [in reply to EN11U]
  • 01:58  ふと思ったんですが、説話、世間話に先祖帰りしてるようなRT @nijimu: //今の人(?)は本当に起こったことじゃないと読まないらしい、と誰か言っていたな。だからケータイ小説は本当にあったこと」じゃなければならなかったとか。(続き)→ http://bit.ly/93XPN8
  • 14:47  ツインタワーをめぐる克明な検証と証言の本です。森山さんの熱いレビュー http://bit.ly/9iKrI5 RT @kmoriyama: //『9.11 生死を分けた102分 崩壊する超高層ビル内部からの驚くべき証言』はできるだけ多くの人に読んでもらいたいと思っています。
  • 15:11  朝青龍現役引退のテロップがっ 日テレのミヤネヤ
  • 15:12  昼ご飯ちゅうでマジでむせた…
  • 15:32  朝青龍って週刊アスキーに連載していたことあるよね(けっこうデジタルな人だったという印象)。携帯ちっこく見えた。
  • 15:36  相撲は北天佑が好きでしたよ。立派な取り口で。北の湖の優勝の援護射撃をして隆の里に勝ち、土俵の上から控えの北の湖ににっこり笑いかけた(そしてあの北の湖も笑顔を返したのだ!)が忘れられない。。。
  • 15:52  個人的には相撲はヒールはいらないと思っているので(力士一人一人それぞれの個性で立派なのだ)、朝青龍をヒールと見る気持ちも全く起きないし彼にはそんなふうに土俵上で振る舞ってほしくなかった。朝青龍はまだ幕下以下の頃から見ていたから感慨深い。
  • 15:54  暴力事件の真相についてはわからない(ここ数日、ちゃんとそれに関する報道も見てないので)が、少なくとも、場所中に横綱が夜更けに泥酔するのは尋常なことではないだろう。
  • 15:56  @fmht7 にやり  [in reply to fmht7]
  • 16:03  @petenshi そうですね…。ヒールとか無しでピュアなガチンコが見られる面白さがあるのにな、と思います。わたしもボクシングも好きで亀田兄弟の騒動のころは「なんでこうなった?」(デビュー前から知ってたので)と苦々しかった。 http://bit.ly/b6utfY なるほどです  [in reply to petenshi]
  • 16:15  直った!RT @opera_jp: こちらをご参照くださいませ。 http://bit.ly/64oEjp RT @twirighty: @opera_jp 表示時には日本語なのに、「今何してる」領域をクリックすると、「What窶冱 happening?」に変わってしまいます
  • 16:53  朝青龍は幕内最高優勝の記録更新を喜んでいた。先日の優勝で25回。北の湖を抜いて単独3位になり、さらに上の大鵬(32)千代の富士(31)までいければ、と考えていたようなので(TV正月特番の発言)その点無念かと思う。いっぽうで小兵力士として体の負担が大きくピークが過ぎたのも見えていた
  • 16:59  横綱への潮目が変わったのはやはり貴乃花の理事当選かなーと思う。貴は「力士は肩で風を切るように歩いてはいけない、応援されたら感謝し『ありがとうございます』と赤ん坊から老人にまで礼を言うのが力士だ」といった持論の人(昨晩の日テレ出演)。そんな人が、票不足で落ちるはずの理事選で当選した
  • 17:07  しかしやはり綱はこんな引退したらあかんよー…。いちばん思い出に残った相撲は武蔵丸に勝ったこと、と答えていた(会見)。
  • 17:10  ヒイズルと言ってましたー。@nicorista RT @kaerubungei: 『日出処の天子』略称について、『ニッテン』『ズルテン』(『ヅルテン』含む)『ヒデショ』『トコロテン』『ヒイズル』『ニチテン』6派が登場。現在、『トコロテン』『ヒイズル』が一歩リード中
  • 17:13  あっ、自分たちのつもりとして「ヒイヅル」という気持ちで発声(ズじゃなく)。もしくは略さず「ひいづるところのてんし」RT @nicorista: ヒイズルは認めん!後半忘れただけじゃねぇのか!RT @kaerubungei: 『日出処の天子』略称について、
  • 17:14  @nicorista すごい寒いと思います。。いちばん寒い気がする。  [in reply to nicorista]
  • 17:18  ウマヤド。とも言ってました。RT @kaerubungei: うわー、これはある! 7派め RT @ume_nanminchamp @kaerubungei 『日出処の天子』略称について、家庭内に意外な新派閥が! 『オウジ』 #notenshi
  • 17:19  @nicorista 北海道はマイナス34度だかといってましたよぉぶるぶる  [in reply to nicorista]
  • 17:23  RT @nodbood_k: 「若い読者のための短編小説案内」ではロシア文学翻訳者であり小説家であった長谷川四郎氏の『阿久正の話』を取り上げて論じてますからね。村上さんはどうやら長谷川四郎に対して相当シンパシーを感じているようで、他の短編以上に熱く自分の思いを語っているのが印象的
  • 17:39  .@nodbood_k 「若い読者のための短編小説案内」での熱弁は、長谷川四郎への高評価もさりながら、村上春樹自身の満州への強い関心も背景にあるのだろうなあと伺わせますね。満州、ロシア、モンゴル、ノモンハン…。それが『羊をめぐる冒険』や『ねじまき鳥クロニクル』などに繋がっている。
  • 17:48  @nodbood_k あと、こちらは全くの個人的な勘。春樹の故郷・神戸では、白系ロシア人やその子孫が結構暮らしていて、ロシア料理を出す店、ロシア正教の教会なども街角に。華僑もたくさんいます。普通に過ごしていてもわりにロシアや中国などの近代史を意識することが多かったです。  [in reply to nodbood_k]
  • 18:03  読点の打ち方の端的なレクチャー。全文必読→ http://bit.ly/9qxS7w RT @tamanoirorg: 呼吸で打てとよく言うが、一文が長いなら意味のまとまりで打つのが無難。一読み上げてみて、区切って読んだところで打つのがお勧め。呼吸で打てとはこれを書きながらやって
  • 18:10  これも重要なポイント。RT @tamanoirorg: ただしこれまた一般には、一文が長いのは悪文とされる。創作講座なんかでは重文複文を書くなと指導する先生もいる。RT @tinouye //RT @hshinoda: 読点の上手な打ち方//
  • 18:12  RT @yuusakukitano: 規則というよりは、作者から読者への「こう読んでくれ」という要求、と私は考えてます。どこまでのことを要求するかは、作者が想定してる読者の能力にもよる。@tamanoirorg 呼吸で打てとよく言うが、一文が長いなら意味のまとまりで打つのが無難
  • 18:13  作家のテクをほんの少し垣間見た興奮だったり。
  • 18:32  日本語表記に「。」「、」の句読点を使うという基準を定めたのは明治39年(1906年)の文部大臣官房図書課「句読法案・分別書キ方案」。句読点は西洋語表記の影響と考えられており、約100年の歴史しかない。法案全文→ 閾ペディアことのは http://bit.ly/ctH9yy
  • 18:36  「句読法案・分別書キ方案」の原本は国会図書館の→ 近代デジタルライブラリー | 国立国会図書館 http://bit.ly/a27Dgx で検索・表示できます。
  • 19:24  というふうにも出来るわけです。#この文を途中で息継ぎを入れて読むかどうかは人によって違うかな。RT @Schunag: 普通の長さの文章であれば読点がなくてもスムーズに意味が通じるよう心がけている。頭からお尻へ向かって意味するところが一直線に流れているということなので。
  • 19:25  @ItoShinya 蕩々たる歴史があるわけでもなく、特に読点は定まってもいないものですよね。  [in reply to ItoShinya]
  • 19:27  RT @whydunit: 校閲とのズレが毎度悩ましい。@tamanoirorg 呼吸で打てとよく言うが、一文が長いなら意味のまとまりで打つのが無難。一読み上げてみて、区切って読んだところで打つのがお勧め。呼吸で打てとはこれを書きながらやっているに等しく、また、長い文章では意味の
  • 19:33  仰るとおりだと思います。筒井康隆は読点少ない。野坂、谷崎は句点が少ないRT @Schunag: 小説の文章はまた勘所がちがってくると思うのですが。たぶん読点の少ない文章への傾倒みたいなものは、筒井康隆さんの文章の影響のような気がします。あのひとの文章はかなり読点が少ないですよね。
  • 19:38  小説だと文体にかかわる。句読点。書き手の特徴が出る。まあ一般人の一般的な文章もそうですね…。
  • 19:41  RT @ItoShinya: @snowystreet 読点は規則うんぬんではなく、読んだ人が誤解しないかどうか、留意点はそれだけで良いのではないかと思います。私が翻訳をさせてもらう時もそこだけ注意します。読者が「誤読」する位置や理由も、時代とともに変化するでしょうから。
  • 19:44  たとえば、意味のまとまりを示したり誤読になりそうな並列を区分したりとか。あとありうるのは、(文がややくどくなるけど)強調したい部分を明らかにするための読点とかもあるかな……。
  • 19:45  RT @nicorista: 両方少ない町田康RT @snowystreet //筒井康隆は読点少ない。野坂、谷崎は句点が少ないRT @Schunag: 小説の文章はまた勘所がちがってくると思うのですが。たぶん読点の少ない文章への傾倒みたいなものは、筒井康隆さんの文章の影響の//
  • 19:53  Q&Aサービス「人力検索はてな」への新着質問を投稿、とのこと。 @hatenaquestion →人力検索はてなの Twitter アカウントを開設しました - 人力検索はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど http://bit.ly/aY9K6Y
  • 19:57  素晴らしい青。RT @Astro_Soichi: モルジブの美しいサンゴ礁の島々です。船の航跡がはっきり見えますね!
  • 19:58  東京。RT @Astro_Soichi: - Brilliant city lights over Tokyo, Japan.
  • 20:01  おでんでんでん(これから晩ご飯 つくる)。
  • 23:43  @maruyokoaki 寒いですもんね。おでんおいしかったです。腹八分目を超えてしまった。  [in reply to maruyokoaki]
  • 23:45  入れました! はてなアイデア(非公式)。RT @fmht7: @snowystreet/hatena-info に @hatenaidea も入れてあげて欲しい!
  • 23:49  @maruyokoaki お疲れ様でした。冬の湘南の海も人が少なくて良いですよねー。  [in reply to maruyokoaki]
  • 23:53  携帯だけの人に勧めやすくなったっす。RT @yubitter: 【2/4 UP】本日よりTwitter公式サイトのOAuth認証画面がモバイル端末に対応したので、PCを介さず、携帯のみで利用できるようになりました。トップページ下部のリンクより認証画面へアクセスできます。

Powered by twtr2src