Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2010-01-23

Sat, Jan 23

Sat, Jan 23 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - Sat, Jan 23 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 00:51  @nijinouta ああいうイントロの音、最近はありませんよね。あれ聴くと、「眠れぬ夜だっ」て思う。  [in reply to nijinouta]
  • 00:58  さっきまでトーマス・マンの『魔の山』を所々読み返してみたら、非常に面白かったです…。それはRT @tamanoirorg: 逆に「魔の山」は、ハンスが「餓鬼」であることをせせら笑える歳にならないと詰まらない。@snowystreet まさに「痛し痒し」だよなあ…。//
  • 01:06  トーマス・マンの『魔の山』は大学生の頃に読んで(マンを原書で読みたくてドイツ語を学ぼうとして無理筋だったわけだけど)そのころ『魔の山』は好きだったけど自分が嗤われているようで読んでいて辛かった。その後、何度か再読するも同じような印象だった…
  • 01:09  下腹が少し突きでていた…(新潮文庫、上p.57)RT @tamanoirorg: 従兄のレントゲン写真撮るのに付いて行って「見ていい?」「いいよ」とか、未だ小学生のようで非常に可愛らしい。しかもハンスはどうやら小でぶであるらしいが、自らは「市民的」体形であると主張していたりする。
  • 01:17  前も書いたけど、トーマス・マンの小説では『ブッデンブローク家の人々』が好き…。あれも心が痛いが。たくましく生命力の溢れた家が興隆し、没落していく。現実的な力強さが洗練されていき、生命力の野太さが失われ、衰退する。
  • 01:39  再読で面白さを見つける 視座の違い 多面性 どれだけ多くの角度を構築しているか、もしくは読み手が見るか(見つけられるか)とか あと嗤い=突き放し方 「大人」の「見下ろし」が入っているかどうか とかとか
  • 01:41  武満徹:そして、それが風であることを知った/雨の樹/海へ/ブライス/巡り−イサム・ノグチの追憶に/ヴォイス/エア/雨の呪文 - 8.555859 - NML ナクソス・ミュージック・ライブラリー - 全曲無料試聴できるクラシック音楽配信 http://ow.ly/ZoNA
  • 01:45  夢千代日記の音楽は武満徹。 新温泉町|夢千代日記 http://ow.ly/ZoUC
  • 02:01  母方の叔父から郵便物が来た。自分が自分に当てて何か出したっけ、と思った。叔父の手書きの字など見たことがないのに、宛名書きの字すべてが私の字に恐ろしく似ている(私の顔かたちは父にそっくりである)。ペンをふわっと握って書き順通りふわふわと書いたような字。ただただ驚愕……。
  • 02:13  ハンス・カストルプは天才ではなかったが、愚物でもなかった。それでいて私たちが彼を評して「凡庸」という言葉を使わないのは、彼の知性とも、彼の単純な人柄ともほとんど関係のない理由、つまり彼の運命に対する敬意からなのである。 http://bit.ly/4MpcVU #inbook
  • 02:31  この世界を覆う死の饗宴の中から、雨の夜空を焦がしているあの恐ろしい熱病のような業火の中から、そういうものの中からも、いつかは愛が生まれ出てくるであろうか? 終り (FINIS OPERIS) http://bit.ly/8z7Eia #inbook
  • 02:37  NHK阪神・淡路大震災15年特集ドラマ 「その街のこども」 http://ow.ly/ZqcI の音楽についてさらに詳しく。また、再放送やサントラの要望について。→放送から3日目 - 大友良英のJAMJAM日記 http://ow.ly/ZqgO #19950117
  • 02:49  「その街のこども」予告編4分30秒版。3分48秒くらいからの「なあ、そのまま走るで、そのまま走るで」のシーンがドラマの中でも特に好き。おっちゃんと会って震災で亡くなった友達の写真をもらった後、二人はまだ遠い三宮へ、水道筋を走っていく…。→ http://ow.ly/Zqtd
  • 03:01  地震は天災やけど、震災は減災できる…と思う。そんで、震災は、自殺の増加とか今の社会とかと根っこで繋がっている問題やと思う。死者の数の多寡で重要度が違う問題じゃないと思う。自分に近いか近くないかで関心の度合いが違うのは自然なこと。以前コメントにちゃんと返信できなかったので書いておく
  • 03:02  読まれるかどうか分からないけど。
  • 03:13  「ストレッチチュ−ル」というらしい。写真一杯ですごく興味深い記事!→着てる?着てない?“肌色”が気になるフィギュアスケート衣装【1】 - ライフ - 日経トレンディネット http://ow.ly/ZreE
  • 03:19  @soralisfran ん、違うんですか?逆にあまり実感できないです。。。神戸も観光都市だけどまあ依存度(という言い方が適切か分かりませんが)が違いますよね。  [in reply to soralisfran]
  • 03:22  Fri, Jan 22: 04:28??Thu, Jan 21: 00:00??@kobe1960 DEAR...againという歌、弾き語りでした。 ?[in reply to kobe1960] ... http://bit.ly/89rV7r
  • 03:23  震災 減災 - Google 検索 http://ow.ly/ZrsG でたくさん出てくるように、政策や基本計画として策定されているくらいに私が書いたようなこと(『地震は天災やけど、震災は減災できる』)はわりに今、スタンダードな考え方になっているんじゃないかと思います。
  • 03:28  @shirokz 恐縮です。たぶん私のような軽度の被災者には本来、被災者としてなにかを語るのは不遜なこと、資格ないのかもしれません。語れないぐらいに未だに苦しんでおられる方もたくさんいます…。ただ、思いは消えないし、知っていただいて将来の備えになるのであれば何よりだと思います。  [in reply to shirokz]
  • 03:32  @soralisfran 経済規模とか違いますものね。地震について口に出すこと=「風評被害」はやはり打撃が大きいから。駅にも伊東の観光ポスターが貼ってありました。そういえば。  [in reply to soralisfran]
  • 03:33  @soralisfran とかいうことじゃなかったらすみません。。。  [in reply to soralisfran]
  • 03:41  トーマス・マン『魔の山』のクライマックス(のひとつ)は第六章、雪。主人公が一人で山にスキーに出かけ吹雪に巻き込まれる。死を実感し、考えが一気に深まり、寒さのあまり妄想に? でも結局吹雪を抜け出せて、療養所生活の日常に戻るとその時の思索はすぐさまなんとなく消えてしまう…。
  • 03:47  何か非常時に直面して一気に思索が深まり、日常に戻るとすぐ消える(自らがその重みに耐えきれず消してしまう)という虚しさ恐怖感は、アガサ・クリスティの『春にして君を離れ』だったり。で、春にして…もだけど、マン『魔の山』はラストにて「雪」で考えたことが再び問われる。おまえ、どーなの、と
  • 16:19  RT @chokopanther: //マンドリンメンテで油を塗るかどうかについて製作家の意見を聞いてみたら、塗らない方が良いとの事でした。バイオリン用の油はマンドリンには適さないし、油は種類によって反応の仕方が違うからとのこと。メンテするならクロスでの乾拭きが一番良いとのこと。
  • 16:23  @ageee @koma01102003 さんへ。以前マンドリンメンテのツイートについて http://twitter.com/chokopanther/status/8103410000 とのことです。。。と、念のためお伝えしてみました。
  • 16:28  @fuwaring あの肌色生地、自分の肌にばっちり色合わせしている人と、かなり違う色を持ってくる人(真央ちゃんがそうですよね)がいてそのへんのセンスや意図も気になってます。  [in reply to fuwaring]
  • 16:30  @kobe1960 緊張感の高さは言えてますね。私も自分からはなかなか聴かない人なので(iTunesとかに入れている方ではないという意味で)、今回、集中して聴いてみました。  [in reply to kobe1960]
  • 16:46  @_kenichi そのシーンです>「時間ないよっ!」って追いかけていくところ。水道筋商店街の東の端(1丁目のアーケード入り口近辺)だと。ドラマの中でアーケードの途中に「汽笛亭」という看板が見えて、その汽笛亭って水道筋に隣接する畑原市場にあるらしく。  [in reply to _kenichi]
  • 16:51  @_kenichi ラストのテロップにも水道筋商店街があったように思います。あのあたりは幼い頃住んでいた近所で、その後も何のかんのと通っていたので、被害が大きかった地域でもあり懐かしく複雑な思いでした。おばあちゃんの家(グーグルマップで探したら分かりました)坂すごいですよねー。  [in reply to _kenichi]
  • 17:09  Togetter- まとめ「サンリオSF文庫の思い出」 http://ow.ly/ZDA0 私もですが、昨日サンリオSF文庫話で私のTLにて拝読した @cherurun @EN11U @hula_aloha @nicorista @tamanoirorg 各氏、まとめに入ってます
  • 17:10  リンク先を正しく指定してなかったので同内容を再ついーとしましたすんません
  • 17:15  「山野浩一 Profile」RT @kokada_jnet: 編集者は佐藤守彦氏。作品選択はNWSFの山野浩一。この年譜の1976年に記述があります。http://bit.ly/86PoJg QT @lancia_delta16v サンリオSF文庫を懐かしむ声は昔からよく聞くが
  • 22:39  錚々たる顔ぶれですQT @kokada_jnet: この年譜。最初は映画作家志望でそれで寺山修司に見出され。たまたま書いた小説が寺山に「これはSFだ」と言われて、それでSFの世界に行ったというのが面白いですねRT山野浩一 Profile」 http://bit.ly/86PoJg
  • 23:45  ショコラ・ブルワリー。かなりカカオの匂いが強いよね QT @nijimu: チョコレート・ブルワリー(だっけ?)買ったけど、一口でギブアップ。チョコの、気持ち悪い部分だけを抜き出したような風味だった(わたしにとっては)。

Powered by twtr2src