Hatena::Groupfubako

yukatti (snowystreet) on Twitter log このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

Twitter最新ログ→Yukako MATSUMOTO(@snowystreet) - Twilogをご覧ください。

2010-01-19

Tue, Jan 19

Tue, Jan 19 - yukatti (snowystreet) on Twitter log を含むブックマーク はてなブックマーク - Tue, Jan 19 - yukatti (snowystreet) on Twitter log

  • 00:01  「人々の信仰が、かろうじて暴発の歯止めに」という朝日記事読みました。。ハイチの治安支える信仰 「神をたたえよ」被災地に響く - 国際 http://ow.ly/XJMH RT @tinouye: で、神戸だろうがハイチだろうが(略)生き残った人には今後生きるためのモチベーション
  • 00:11  しかしその今朝の朝刊の「ハイチの治安支える信仰」 http://ow.ly/XJMH 記事の後、こんどは「ハイチ、非常事態を宣言 治安悪化、数百人規模の略奪」 http://ow.ly/XK19 の記事です。。
  • 00:17  節分のルーツは「追儺」(ついな)。検索で出てくると思います。あと、鬼伝説のある地域は風習が違う場合もありますRT @9794: RT @snowystreet: 節分に柊の枝に鰯を刺して戸口に立てる風習 RT @takiapeony: @9794 @hiroyukikojima
  • 00:32  @kobe1960 そう思われましたか。。。やはり神戸を離れて違う方言圏に住んでいる人ではないと実感できない・気づかない「言葉」の問題もあるように、今回、感じました。  [in reply to kobe1960]
  • 00:44  なるほど…「どこのロケ地に立っても近くに友達がいるような、元々居た自分の場所ととても近いのですごく不思議な感覚でやっていた」とドラマ予告編の中で森山未來も言ってますRT @_kenichi: 「その街のこども」(略)何か友達がテレビにでているような親近感 #19950117
  • 01:02  関西人の読み書き思考についての考察…。資料としてぶくま→打倒、東京弁帝国主義! (「日本一だんじりなエディター」江弘毅の甘く危険な日々) http://ow.ly/XMgg
  • 01:38  大阪弁を書き言葉にするにつけての様々な試行錯誤を田辺聖子はよく言及しているのだけれども、彼女の場合は川柳や古典の知識も生かしているように思えますRT @soralisfran: 「文を書くと言うことは自分で書いた言葉を耳で聞くQT @snowystreet 関西人の読み書き思考
  • 01:45  宮澤賢治を読んでいて、花巻の言葉を使っている作品は西日本方言圏の体験しかない私には実際どういう音なのかよくわからなかったりします。意味も取れないで注釈に頼るのも悔しかった。RT @tamanoirorg: うちの方言はそもそも日本語表記不能だ。東北弁も実際には無理だ。
  • 01:53  そしてこれは日本語の音韻の変遷に関わる非常に大きな問題 RT @tamanoirorg: うちの方言はそもそも日本語表記不能だ。東北弁も実際には無理だ。
  • 02:07  はい。私は特にイースター島、グリーンランド、ハイチの章に衝撃うけましたRT @minetax: ドミニカとハイチ、1つの島の2つの国がなぜこれだけ違うのか、豪州の人口が増えない制約など、 『文明崩壊』はおもしろすぎるRT @ishikawakz @YukariWatanabe
  • 02:10  @soralisfran では逆に、オーディオブックとか朗読CDを楽しめる、ということはないですか?私は文字を読むのが結構早い分、朗読についいらいらしちゃうんです。普段の自分が本を読むスピードとあまりに違いすぎて。
  • 02:12  @soralisfran いいなあニャンコ。うちはペット禁止のマンション…。  [in reply to soralisfran]
  • 02:16  @soralisfran 脳内バイリンガルかもですね。まあずっと「国語教育」で訓練受けてきているし。教育実習で母校の高校(神戸市内)に行き、現代国語の授業で私が関西のアクセントでしゃべったら、指導教官に注意されました。「国語教師は生徒に方言のアクセントに慣れさせたら駄目だ」と。  [in reply to soralisfran]
  • 02:20  @soralisfran あと、なんのかんの言っても標準語・共通語は京都方言の影響が残っているというか江戸時代からの(まあそれ以前からのですが)言葉の変遷で東西の言葉はずっと絡んできているので、実質的には関西人は共通語を使うのに実はそれほど苦労してないのかもと思うのです  [in reply to soralisfran]
  • 02:26  @soralisfran 竹下景子さんの詩の朗読は私も聴いてました。詩だと私も朗読好きです。アメリカでオーディオブックが売れて日本だと今ひとつの理由としてアメリカは車社会で車の中で聴くからオーディオブックが売れるんだ、というのもよく言われてますが、眠くなる人もいるんだろうな…  [in reply to soralisfran]
  • 02:30  @soralisfran 関西人には教育等々で「改まった席では関西弁ではなく標準語」「関西弁はくだけたアットホームな言葉」という刷り込みがわりにあるんじゃないでしょうか。最近はだんだんゆるんできていますけど。ラジオ!と気合い入れて、失態のないよう気を遣ってるんじゃないかなー。  [in reply to soralisfran]
  • 02:35  @soralisfran 失態というかリラックスして関西弁使って仲間意識に陥っていらんこと話したらあかんとか、アクセントの違いで意味が通じないとか笑われそうな単語があったりするので、そのへん気を遣ってるとか。「あめちゃん」とか(飴を呼び捨てにしないのです)ぽろっとクチに出る。  [in reply to soralisfran]
  • 02:39  @soralisfran 5分でリラックスできるのならとても良い雰囲気のラジオなんではないでしょうか(^^)。関西弁が出だすと話者もリラックスしてほんわかになってると思うので…。  [in reply to soralisfran]
  • 02:49  @soralisfran 私は関東に初めて来たとき「文章のなかの言葉を話している」ことが驚きでした。特に男性が。関西の大人の男性って成熟した如才ないおっちゃんの言葉遣いなので、こっちの人たちが小説や漫画の「こじゃれた」(と思ってた)言葉をほんとに普段から話していると思ってなかった  [in reply to soralisfran]
  • 02:51  @soralisfran おやすみなさい〜  [in reply to soralisfran]
  • 02:52  Mon, Jan 18: 00:17??ラストは今朝撮影です。音楽の大友さんのブログに関連記述あり http://ow.ly/XlP1 RT @chibicoo: twitter情報によると今朝だそうです! RT @s... http://bit.ly/81gHCu
  • 02:56  たっぷり…→瀬戸内寂聴vs塩野七生「人生を語ろう、愛を語ろう!」 「現代ビジネス」創刊記念対談 | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] http://ow.ly/XQTN
  • 03:26  冷静な指摘→「「地震の時は水をためろ」はウソ」のウソ - tano13の日記 http://ow.ly/XRHq
  • 03:35  コメント欄も→「「地震の時は水をためろ」はウソ」はウソ - プラトンの洞窟 http://ow.ly/XRPi
  • 03:52  聴いていてドキドキする。→浅川マキを団塊世代の郷愁から解放せよ - 吃音ダブ http://ow.ly/XSk2
  • 03:56  @saitotakashi こちらこそありがとうございます。私もなかなか神戸には帰省できていないので実は郷愁たっぷりです…。  [in reply to saitotakashi]
  • 10:59  RT @wtnbt: 田中哲弥さんの作品に出てくる播州弁は本当に声が聞こえてくる。というか播州弁知らん人にはどう読めてるものなのかむしろ興味津々。
  • 11:02  加古川、明石は播州弁、神戸は西半分は播州弁の強い影響あり東側は摂津弁で京都や大阪に近いRT @wtnbt: もっとも人によっては播州弁と神戸は違うという。播州弁は姫路の言葉なんだそうだ。じゃあ加古川とか明石はどうなるのか。大阪育ちの人間にはわからんわ。
  • 11:08  で、田辺聖子は大阪弁の恋愛小説を目指して、かなにひらいたり小文字にしたりなど試行錯誤したRT @yuusakukitano: @tamanoirorg 関西弁も実際には表記は不可能ですね。こう書いたらこう読んでくれる、という共通認識はないに等しいですから。(略
  • 11:29  プロと共演させてもらうと対応力にいつもハッとさせられるRT @tinouye: 1つはプロはどんなシチュエーションにも対応できること。火事場の馬鹿力のようなものが必要なこと。もう1つは24時間をそのことに費やすこと。それは生活も知識もすべて糧になること。相互に役立て糧にでき(略
  • 11:55  神戸弁についてはWikipediaやたら詳しいです→神戸弁 - Wikipedia http://ow.ly/Y15C
  • 12:01  私個人としては神戸の東部(灘・葺合)のことばだと思うけどそのあと学校などで西は明石に行って播州弁を浴び、あと神戸の「兵庫言葉」の地域に行ったり、ほか大学で主に西日本各地の人たちとも出会ったりしている。ということもあり、播州弁と神戸弁の違いはわりにはっきり実感しているなー。
  • 12:04  あと神戸は港町だったり工業地帯だったりで大量の「よそ者」(私自身もよそ者の子孫)が住み着いた街なので言葉についてはそのへん留意せねばならない(神戸はよそ者流れ者が住み着いてもカラカラしてどうってことない街だと思ってる)。
  • 12:20  日本語の音韻は変遷していて、各地の方言にはその名残があるRT @tamanoirorg: ウムラルト要る。あと曖昧子音、みたいなのもある。RT @ayaayattottotto RT @tamanoirorg: そう書くと発音の微妙なところがかなり落ちる @bemilesaway
  • 12:27  専門ではなく教養レベルで書いてしまう申し訳なさなで、あくまでご参考として。上代日本語は「50音でなく87音or88音」あって、万葉仮名でも音の違いで書き分けがされていた。平安以降、それがだんだん区別が薄れ統合されていった…という説がある。その研究の際にはウムラウト表記なども使う。
  • 12:31  上代特殊仮名遣 - Wikipedia http://ow.ly/Y1yv 、万葉仮名 - Wikipedia http://ow.ly/Y1yX 。あと、風の向こうへ: 日本語音韻のこぼれ話的歴史 http://ow.ly/Y1Ad は日常知識レベルに簡単にまとめられている
  • 12:41  えっ、「うーらーおーもーて」も神戸だけだったの?知らんかった…→「うらおもて」神戸独自? 土地柄示すチーム分け法 神戸新聞Web News http://ow.ly/Y1IB
  • 12:45  @_kenichi 私も自分では使わないんだけど、敬語の「おったったん」「〜しとってや」といった表現は神戸でも中央部以西では使われていてますよね。大阪や京都と同じ「〜してはる」は神戸の東部のほうが使ってるんだと思います。  [in reply to _kenichi]
  • 12:47  .@m_kashiwagi 京都はかなり違いますよね。私も大学以降は京都の人と知り合ったり京都を訪問することが増えたんだけど、発音や言い回しが明らかに違ってよく分からないこと時々ありました。いわゆる「関西弁」イメージはやはり大阪弁、吉本の流布している言葉なのかも。
  • 12:51  @nemutea 違いますよね。東京弁も細かく色々分かれてますし、私も良くはっとします。その違いは標準語・共通語の成立の過程と関わってることかと思います。  [in reply to nemutea]
  • 13:19  RT @ashnatri: 京都はアクセント自体が大阪とは違いますよね。当方も関西出身なので、関西の人と会うと関西弁で話しかけるのですが、もう自分でもわからない関西弁になっってます。でも、吉本のおかげで、昔通じなかった親亀こけたらのこけたが通じるのはありがたいところありです。
  • 13:34  京都弁、京言葉はアクセントが違いますね、確かに…。たとえば「〜しました」が京都だとHLLL。大阪はHHLL。東京はLHLL、かな。ただアクセントのHの位置がずれたり、単純化されたり、最近は平板化が顕著だったりと、日本語アクセントはどんどん変遷していっています。
  • 13:37  @nextpod えっそうなんですか… よくなんでもじゃんけんで分けるので「なんでうらおもてで決めないのかな?」とか思っていたのです…  [in reply to nextpod]
  • 13:47  非常に面白い!→京都言葉と大阪言葉の違い http://ow.ly/Y2IF
  • 13:52  アクセントのずれについて→2-4.京都アクセントと東京アクセントとの関係 http://ow.ly/Y2Pi
  • 13:57  例の、1から10までの数字の数え方の旋律。「いちにぃさんしぃ、ごぉろくしちはちくぅじゅう」●○・○●・●●・○○・●●・●○・●○・●○・●●・○●。あ、私は「しち」が「ひち」になる。多少の違いはあっても関西の人は「歌え」ますよね…?→語彙集 http://ow.ly/Y2PW
  • 13:59  @nijinouta なかなか決まらないと「てってのてー」を言い続けてうんざり…とか、しましたよね(^^)  [in reply to nijinouta]
  • 14:11  私の今の状態はたぶんこれ…イントネーションは関西風を出してないつもりでも混じる。人名が顕著RT @Ued_S: そういう状況だと、結局、標準語の使用がお互いの意思疎通に一番間違いがなかったりするので、言葉づかいは標準語に近く、イントネーションが関西風になる――という喋り方も、まま
  • 14:16  【ハイチ大地震】不運! 中国人数百人、密航途中で巻き込まれる - MSN産経ニュース http://ow.ly/Y37I
  • 14:33  オバマ大統領ついにTwitterを使う ― ハイチのために ― 三人称で http://ow.ly/Y3hd 記事によれば @RedCrosshttp://ow.ly/Y3k9 赤十字の説明 http://ow.ly/Y3iW
  • 17:07  サベイランスRT @cinematoday: [映画]あまりの残酷さに世界中から非難と絶賛!監督はデヴィッド・リンチの娘!あまりの邪悪さに父さえもクレーム! http://cinematoday.jp/r1/N0021883
  • 18:40  はてなポイント持ちはてなーなら、ぽちっかたかたかたかたぽちっで募金可能→はてなポイントによるハイチ地震救援金を受付中です - はてな広報ブログ http://ow.ly/Y6dj
  • 19:09  @yukatan フィークル使っていましたがサービス終了。私がtwitterを使い始めたのはtwitterfeedを使いたかったからで、そういう人もいそう。RSSリーダ、アグリゲータ代わりに。少数派かもしれませんけど。そういうことが出来るサービスがtwitterだった、というか。  [in reply to yukatan]
  • 19:14  @ao2yo2 気になるけど見るのが怖いです…。『ボクシング・ヘレナ』はぎゃーっおいおいでしたがそうかもあのあれは…  [in reply to ao2yo2]
  • 19:46  なまな情報が集まってきていて自分で取捨選択できる。自分自身が編集者的に。自分も発信者にもなって、ろーりんぐすとーん ころがりつづける。そのエネルギーが途絶えなければいけるし(途絶えることもいつかあるだろうけど?自重が肥大しすぎて?)そういったサービスはきっと面白い。
  • 19:51  @YukariWatanabe 吉田秋生の、鎌倉を舞台にした漫画『海街diary』。四姉妹が主人公で、家族の喪失と再生のみずみずしい物語です。1巻 http://amazon.jp/dp/4091670253 2巻 http://amazon.jp/dp/4091670377  [in reply to YukariWatanabe]
  • 19:53  .@YukariWatanabe 吉田秋生『海街diary』について、ご参考→2007年 文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞 海街diary | 文化庁メディア芸術プラザ http://ow.ly/Y7gj
  • 20:32  @YukariWatanabe 山下和美のコミック『不思議な少年』 http://amazon.jp/dp/4063287726 マーク・トゥエインの小説『不思議な少年』へのオマージュかつモチーフとしており、不老不死の少年が時空をこえて様々な人間の生と死の場面に立ち会っていきます  [in reply to YukariWatanabe]
  • 20:35  @kobe1960 PLUTO, 夕凪の街桜の国、持ってます。ぼろ泣きです。。。天顕祭ぽちってきました。
  • 20:40  @kobe1960 『不思議な少年』実はいつも読むたびに号泣してしまいます。1巻読んで(2001年)山下和美さんのサイトにファンレターもどきの感想メール出し、スタッフの方から「好意的な反響もらって勇気出た。書き続けたい、と言っている」みたいな代返(?)もらったのも良い思い出です  [in reply to kobe1960]
  • 20:44  山下和美の『不思議な少年』1巻の自分の2001年11月時点の感想。やたら感動している。当時はこの漫画の評価が低くて(難解すぎる、など)、その反発心もあった。今ならこういう書き方しないし、当時と今とでは自分の作品への感動の仕方が少し変わってるけど http://ow.ly/Y7Uf
  • 20:48  日記を読み返すと2001年の自分のお気に入り本は佐藤哲也の『ぬかるんでから』と、この山下和美の『不思議な少年』だったようだ。なんかどちらにもやたら感動している。感動の仕方が若い…
  • 20:53  @t_abe twtr2src | Get your timeline for blog http://ow.ly/Y7ZX を使って、はてなグループ( 私の場合は http://twitter.g.hatena.ne.jp/ のグループ)の日記をメール更新機能で更新してます

Powered by twtr2src